vSphere 仮想マシンに仮想シリアル ポートの接続を設定する方法は、いくつかあります。選択する接続方法は、実行する必要があるタスクによって異なります。

次に示す方法で、データを送信するように仮想シリアル ポートを設定できます。

ホストの物理シリアル ポート

仮想マシンがホスト コンピュータの物理シリアル ポートを使用するよう設定します。この方法を使用すると、仮想マシンで外部モデムまたは携帯デバイスを使用できます。

ファイルに出力

仮想シリアル ポートからの出力をホスト コンピュータ上のファイルに送信します。この方法を使用すると、仮想マシンで実行中のプログラムが仮想シリアル ポートに送信するデータを取得できます。

名前付きパイプに接続

2 台の仮想マシンの直接接続、または仮想マシンとホスト コンピュータ上のアプリケーションの接続を設定します。この方法は、シリアル ケーブルで接続された物理マシンのように、2 台の仮想マシン間、または 1 台の仮想マシンとホスト上のプロセスとの間での通信を可能にします。たとえば、仮想マシンのリモート デバッグにこのオプションを使用できます。

ネットワーク経由での接続

ネットワーク経由で、仮想マシンのシリアル ポートとのシリアル接続を有効にします。仮想シリアル ポート コンセントレータ (vSPC) は、複数のシリアル ポートのトラフィックを 1 つの管理コンソールに集約します。vSPC の動作は物理シリアル ポート コンセントレータに似ています。vMotion を使用して仮想マシンを移行するときに、vSPC を使用すると、仮想マシンのシリアル ポートへのネットワーク接続が可能になり、シームレスに移行できます。Avocent ACS v6000 仮想シリアル ポート コンセントレータの構成についての要件および手順は、http://kb.vmware.com/kb/1022303 を参照してください。

名前付きパイプおよびネットワーク シリアル ポートに関するサーバ接続およびクライアント接続

シリアル ポートに対して、クライアント接続またはサーバ接続を選択できます。選択内容により、システムが接続を待機するか開始するかが決まります。通常、シリアル ポートを介して仮想マシンを制御する場合、サーバ接続を選択します。サーバ接続を選択すると、接続を制御できます。この選択は、仮想マシンへの接続がまれな場合に役立ちます。シリアル ポートをロギングに使用する場合は、クライアント接続を選択します。クライアント接続を選択すると、仮想マシンの起動時に仮想マシンをロギング サーバに接続し、停止時に接続を切断することができます。

サポート対象のシリアル ポート

ESXi ホストから仮想マシンへのシリアル ポート パススルーに物理シリアル ポートを使用している場合、マザーボードに組み込まれているシリアル ポートがサポートされます。1 台の仮想マシンでは、最大 32 のシリアル ポートを使用できます。

サポート対象外のシリアル ポート

ESXi ホストから仮想マシンへのシリアル ポート パススルーで物理シリアル ポートを使用する場合、USB を介して接続されたシリアル ポートは、シリアル ポート パススルーではサポートされません。それらのシリアル ポートは、ESXi ホストから仮想マシンへの USB パススルーでサポートされる可能性があります。ESXi ホストから仮想マシンへの USB 構成 を参照してください。

シリアル パススルーに物理シリアル ポートを使用している場合、VMotion での移行を使用することはできません。