コンテンツ ライブラリ内のテンプレートに既存の仮想マシンまたは仮想マシン テンプレートをクローン作成し、後でそれを使用して仮想マシンをクラスタまたはホストにプロビジョニングできます。

このタスクについて

テンプレートは、すくに使用できる仮想マシンを作成できる、仮想マシンのマスター コピーです。テンプレートには、元のテンプレートの状態を保持しつつ、ゲスト OS への追加ソフトウェアのインストールなどの変更を行うことができます。詳細については、コンテンツ ライブラリの仮想マシン テンプレートおよび vApp テンプレートを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で、クローン作成するオブジェクトに移動し、クローン作成タスクを開始します。

    オプション

    操作

    ライブラリ内のテンプレートへの仮想マシンのクローン作成

    1. vCenter インベントリ リスト > 仮想マシン を選択します。

    2. 仮想マシンを右クリックし、クローン作成 > テンプレートをライブラリにクローン作成 を選択します。

    ライブラリ内のテンプレートへの仮想マシン テンプレートのクローン作成

    1. vCenter インベントリ リスト > フォルダ内の仮想マシン テンプレート を選択します。

    2. 仮想マシン テンプレートを右クリックし、ライブラリにクローン作成 を選択します。

    [テンプレートをライブラリにクローン作成] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. テンプレートの名前と説明を入力します。
  3. コンテンツ ライブラリのリストから、テンプレートを追加するライブラリを選択します。
  4. (オプション) : テンプレートに含める構成データを選択します。

    MAC アドレスをネットワーク アダプタ上で保持し、追加構成を含めることもできます。

  5. OK をクリックします。

タスクの結果

OVF パッケージをエクスポートするための新しいタスクが [最近のタスク] ペインに表示されます。タスクが完了したら、コンテンツ ライブラリの 関連オブジェクト タブの テンプレート タブにテンプレートが表示されます。

次のタスク

このテンプレートを使用して、vSphere インベントリのホストまたはクラスタに仮想マシンを作成します。