Linux、Mac OS X、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS の場合、仮想マシンの電源状態を変更するとき、スクリプトを記述してゲスト OS の操作を自動化できます。

始める前に

  • デフォルトの VMware Tools スクリプトについてよく理解してください。VMware Tools のデフォルト スクリプト を参照してください。

  • Linux、Mac OS X、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS の場合、スクリプトのテスト、編集、または実行の無効化をするには、root ユーザーとしてログインします。

  • Linux、Mac OS X、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS の場合、スクリプトを編集するには、xterm および vi がゲスト OS にインストールされており、それらが PATH に設定されていることを確認します。または、EDITOR 環境変数を設定して使用するエディタを指定します。

  • コマンドをスクリプトにする場合で、終了コードが必要な場合は、VMware Tools 構成ユーティリティの終了コードを参照してください。

このタスクについて

Linux、Mac OS X、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS の場合、スクリプトを記述して特定のディレクトリに保存し、VMware Tools でデフォルトのスクリプトに追加して独自のスクリプトを実行できます。パワーオンおよびレジューム操作の場合、デフォルトのスクリプトはカスタム スクリプトの前に実行されます。サスペンドおよびパワーオフ操作の場合、デフォルトのスクリプトはカスタム スクリプトの後に実行されます。そのため VMware Tools では、カスタム スクリプトの処理の完了後のみにサービスが停止されます。逆に、カスタム スクリプトでサービスが使用される前にそのサービスがリストアされます。

VMware Tools サービスまたはデーモン (vmtoolsd) でスクリプトが実行されます。vmtoolsd は Linux、Mac、Solaris、および FreeBSD では root として実行され、Windows では System として実行されるため、ログイン ユーザーとは別のセッションでスクリプトが実行されます。VMware Tools デーモンはデスクトップ セッションを検出しません。つまり、このデーモンはグラフィカル アプリケーションを表示できません。カスタム スクリプトを使用して、グラフィカル アプリケーションを表示しないでください。

手順

  1. ゲスト OS に root としてログインします。
  2. 各電源操作のデフォルトのスクリプト ファイル内のコメントによる指示に従い、カスタム スクリプトを記述して適切なディレクトリに保存します。

    ゲスト OS

    ディレクトリ

    Linux、Solaris、FreeBSD

    /etc/vmware-tools

    Mac OS X

    /Library/Application Support/VMware Tools

    デフォルトのスクリプトは変更しないでください。

タスクの結果

指定された電源操作が行われると、VMware Tools サービスはスクリプトを実行します。