ゲスト OS をカスタマイズすると、コンピュータ名の重複など、同一の設定を持つ仮想マシンをデプロイするときに発生する可能性のある競合を防止できます。コンピュータ名、ネットワーク設定、ライセンス設定は変更可能です。仮想マシンのクローンを作成する場合や、仮想マシンをテンプレートからデプロイする場合は、ゲスト OS をカスタマイズします。

始める前に

Windows ゲスト OS のカスタマイズ オプションにアクセスするには、Microsoft Sysprep ツールが vCenter Server システムにインストールされている必要があります。Sysprep ツールは Windows Vista および Windows 2008 以降の OS に組み込まれています。これに関する情報と、他のカスタマイズ要件については、ゲスト OS のカスタマイズ要件 を参照してください。

手順

  1. 仮想マシンにカスタマイズ仕様を適用します。

    オプション

    説明

    既存の仕様を選択する

    リストからカスタマイズ仕様を選択します。

    仕様を作成する

    新規仕様を作成 アイコンをクリックして、ウィザードのステップを完了します。

    既存の仕様から仕様を作成する

    1. リストからカスタマイズ仕様を選択します。

    2. 既存の仕様から仕様を作成 アイコンをクリックし、ウィザードのステップを完了します。

  2. 次へ をクリックします。