仮想マシンを個別に管理することもできますし、ホストやクラスタに属する仮想マシンのグループを管理することもできます。

クライアント統合プラグインをインストールすると、仮想マシンのコンソールにアクセスできます。このコンソールから、ゲスト OS の設定の変更、アプリケーションの使用、ファイル システムの参照、システム パフォーマンスの監視などを行うことができます。スナップショットを使用すると、スナップショットの作成時の仮想マシンの状態が保存されます。

コールド移行またはホット移行 (vMotion、共有ストレージを使用しない環境の vMotion、および Storage vMotion など) を使用して仮想マシンを移行するには、『vCenter Server およびホスト管理』 ドキュメントを参照してください。