フロッピー ドライブ、DVD/CD-ROM ドライブ、ISO イメージ、USB デバイス、サウンド アダプタ、およびネットワーク アダプタなどのリムーバブル デバイスを接続および切断できます。

始める前に

仮想デバイスを接続または切断するためにコマンドをスクリプトにする場合に、終了コードを把握しておく必要がある場合は、VMware Tools 構成ユーティリティの終了コード を参照してください。

このタスクについて

重要:

デバイスの接続には次のような制限があります。

  • 一部のデバイスは、ホストとゲスト OS 間、または 2 つのゲスト OS 間で共有できない。たとえば、1 台の仮想マシンまたはホストのみが一度に、フロッピー ドライブにアクセスできます。

  • デバイスの接続または切断の制御をシステム管理者が有効にしたかどうかによっては、それらを利用できない場合がある。

構成ユーティリティを実行して、仮想デバイスを接続および切断できます。セキュリティ上の理由から、この機能はデフォルトでは無効です。デバイスを接続または切断するには、まず構成ファイルの設定を変更する必要があります。

手順

  1. デバイスを接続および切断できるように仮想マシンを構成します。
    1. 仮想マシンの構成ファイル (.vmx ファイル) をテキスト エディタで開きます。
    2. 以下のプロパティがリストにない場合は、それらのプロパティを追加して FALSE に設定します。
      isolation.device.connectable.disable = "FALSE"
      isolation.device.edit.disable = "FALSE"
    3. ファイルを保存して閉じます。
  2. ゲスト OS でコマンド プロンプトまたはターミナルを開きます。
  3. VMware Tools のインストール ディレクトリに移動します。

    オペレーティング システム

    デフォルトのパス

    Windows

    C:\Program Files\VMware\VMware Tools

    Linux および Solaris

    /usr/sbin

    FreeBSD

    /usr/local/sbin

    Mac OS X

    /Library/Application Support/VMware Tools

  4. utility-name device list」 と入力して、利用可能なデバイスを一覧表示します。

    utility-name には、ゲスト固有のプログラム名を使用します。

    オペレーティング システム

    ユーティリティ名

    Windows

    VMwareToolboxCmd.exe

    Linux、Solaris、および FreeBSD

    vmware-toolbox-cmd

    Mac OS X

    vmware-tools-cli

  5. (オプション) : 次のコマンドを入力して、デバイスが接続されているかどうかを確認します。
    utility-name device status device-name

    device-name には、list サブコマンドを使用したときに表示された名前の 1 つを使用します。

  6. 次のコマンドを入力して、デバイスを接続または切断します。
    utility-name device device-name
    							subcommand

    オプション

    操作

    device-name

    list コマンドを使用したときに表示された名前の 1 つを使用します。

    subcommand

    enable または disable を使用します。

タスクの結果

これで、指定したとおりにデバイスが接続または切断されます。