Linux、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS では、VMware Tools は VMware ユーザー プロセス実行可能ファイルを使用します。このプログラムには、いくつかある機能の中で特に、fit-guest-to-window 機能とユニティ モードが実装されています。

このタスクについて

通常、このプロセスは VMware Tools を構成した後、デスクトップ環境からログアウトしてからログインし直すと自動的に開始されます。vmware-user プログラムは、バイナリ プログラムのインストール先として選択したディレクトリに配置されます。デフォルトは /usr/bin です。変更する必要のある起動スクリプトは、使用しているシステムによって異なります。次の環境では、プロセスを手動で開始する必要があります。

  • セッション マネージャを使用せずに X セッションを実行する。たとえば、xdmkdm、または gdm を使用せずに、startx を使用してデスクトップ セッションを開始する場合などです。

  • gdm または xdm を使用せずに、旧バージョンの GNOME を使用している。

  • Desktop Application Autostart Specification (http://standards.freedesktop.org を参照) をサポートしていないセッション マネージャまたは環境を使用している。

  • VMware Tools をアップグレードする。

手順

VMware ユーザー プロセスを開始します。

オプション

操作

X セッションの開始時に VMware ユーザー プロセスを開始します。

.xsession または .xinitrc ファイルなど、適切な X 起動スクリプトに   vmware-user を追加します。

VMware Tools ソフトウェアをアップグレードした後、または特定の機能が動作しない場合、プロセスを開始します。

ターミナル ウィンドウを開き、vmware-user コマンドを入力します。