仮想マシンのクローン作成では、元の仮想マシンのコピーである仮想マシンが作成されます。新しい仮想マシンは、元の仮想マシン用に構成されたのと同じ仮想ハードウェア、インストール済みソフトウェア、およびその他のプロパティで構成されます。

始める前に

負荷ジェネレータが仮想マシンで実行されている場合、クローン操作を実行する前に停止します。

仮想マシンのクローンを作成するには、次の権限が必要です。

  • 仮想マシン > プロビジョニング > 仮想マシンのクローン作成(クローン作成する仮想マシンが対象)。

  • 仮想マシン > インベントリ > 既存のものから作成(データ センターまたは仮想マシン フォルダが対象)。

  • 仮想マシン > 構成 > 新規ディスクの追加(データ センターまたは仮想マシン フォルダが対象)。

  • リソース > 仮想マシンのリソース プールへの割り当て(ターゲットのホスト、クラスタ、またはリソース プールが対象)。

  • データストア > 領域の割り当て(ターゲット データストアまたはデータストア フォルダが対象)。

  • ネットワーク > ネットワークの割り当て(仮想マシンの割り当て先となるネットワークが対象)。

  • 仮想マシン > プロビジョニング > カスタマイズ(ゲスト OS をカスタマイズしている場合は、仮想マシンまたは仮想マシン フォルダが対象)。

  • 仮想マシン > プロビジョニング > カスタマイズ仕様の読み取り(ゲスト OS をカスタマイズしている場合は、ルート vCenter Server が対象)。

このタスクについて

注:

負荷ジェネレータなどの負荷の高いアプリケーションがクローン作成操作時にゲスト OS で実行していると、仮想マシンの静止操作に失敗し、VMware Tools で CPU リソースが拒否されてタイムアウトになる可能性があります。負荷の低い I/O ディスク操作を実行している仮想マシンを静止することをお勧めします。