ゲスト OS の仕様を既存の仮想マシンに追加できます。ゲスト OS をカスタマイズすると、コンピュータ名の重複など、同一の設定を持つ仮想マシンをデプロイするときに発生する可能性のある競合を防止できます。コンピュータ名、ネットワーク設定、ライセンス設定は変更可能です。

始める前に

  • ゲスト OS が実行中であることを確認します。

  • VMware Tools がインストールされ実行されていることを確認します。

  • 仮想マシンをパワーオフします。

このタスクについて

既存の仮想マシンのクローンを作成する場合や、仮想マシン テンプレートから仮想マシンをフォルダにデプロイする場合、クローン作成タスクやデプロイ タスクの実行中に、その仮想マシンのゲスト OS をカスタマイズできます。

コンテンツ ライブラリのテンプレートから仮想マシンをデプロイする場合は、デプロイ タスクが完了した後でのみ、ゲスト OS をカスタマイズできます。

手順

  1. vSphere インベントリ内の仮想マシンを右クリックして、ゲスト OS > ゲスト OS のカスタマイズ を選択します。

    ゲスト OS のカスタマイズ ウィザードが開きます。

  2. 仮想マシンにカスタマイズ仕様を適用します。

    オプション

    説明

    既存の仕様を選択する

    リストからカスタマイズ仕様を選択します。

    仕様を作成する

    新規仕様を作成 アイコンをクリックして、ウィザードのステップを完了します。

    既存の仕様から仕様を作成する

    1. リストからカスタマイズ仕様を選択します。

    2. 既存の仕様から新規仕様を作成 アイコンをクリックして、ウィザードのステップを完了します。

  3. 終了 をクリックします。

次のタスク

仮想マシンをパワーオンします。