VMware Tools がなくてもゲスト OS を実行できますが、VMware の多くの機能は、VMware Tools をインストールするまで利用できません。VMware Tools をインストールすると、ツール スイートのユーティリティによって仮想マシンのゲスト OS のパフォーマンスが強化され、仮想マシンの管理機能が向上します。

VMware Tools のインストーラは ISO イメージ ファイルです。ゲスト OS では、ISO イメージ ファイルが CD-ROM のように認識されます。Windows、Linux、Solaris、FreeBSD、および NetWare などのゲスト OS のタイプごとに ISO イメージ ファイルがあります。コマンドを選択して VMware Tools のインストールまたはアップグレードを行う場合、仮想マシンの第 1 仮想 CD-ROM ディスク ドライブが、そのゲスト OS 用の VMware Tools の ISO ファイルに一時的に接続されます。

VMware Fusion、Player、または Workstation を使用している場合、Windows 簡易インストールや Linux 簡易インストールの機能を使用して、オペレーティング システムのインストール終了後すぐに VMware Tools をインストールできます。

VMware Fusion、Player、または Workstation を使用している場合は、最新バージョンの ISO ファイルを VMware の Web サイトから取得します。コマンドを選択して VMware Tools のインストールまたはアップグレードを行う場合、VMware 製品により、特定のオペレーティング システム用の最新バージョンの ISO ファイルがダウンロードされているかどうか判別されます。ダウンロードされたファイルが最新バージョンではない場合や、該当するオペレーティング システム用の VMware Tools の ISO ファイルがダウンロードされていない場合には、ファイルをダウンロードするように求められます。