Windows 仮想マシンでは、VMware Tools の自動インストールまたはコマンド ラインを使用したインストールを実行するときに、インストールする VMware Tools のコンポーネントを指定できます。

VMware Tools には多くのコンポーネントが含まれているので、特定のコンポーネントをインストールしない場合は、含めるコンポーネントではなく除外するコンポーネントを指定します。構文は ADDLOCAL=ALL REMOVE=component です。VMware Tools のコンポーネントに有効な値を次の表に示します。

コンポーネント名では大文字と小文字が区別されます。すべてのコンポーネントがすべてのオペレーティング システムにインストールされているわけではありません。

表 1. VMware Tools のコンポーネントの値

有効なコンポーネントの値

説明

ドライバ

オーディオ

64 ビット オペレーティング システムおよび Windows Vista 以降のシステム用オーディオ ドライバ。

BootCamp

Mac BootCamp サポート用ドライバ。

LSI

Windows XP 用 PCI Fusion-MPT Miniport ドライバ。

MemCtl

VMware のメモリ制御ドライバ。このドライバは、vSphere 環境で仮想マシンを使用する場合に使います。この機能を使用しないと、vSphere 環境で実行されている仮想マシンのメモリ管理機能を利用できません。

Mouse

VMware のマウス ドライバ。この機能を使用しないと、仮想マシンのマウス パフォーマンスが低下します。

PVSCSI

VMware 準仮想化 SCSI アダプタ用ドライバで、一部の仮想アプリケーションのパフォーマンスを強化します。

SVGA

VMware の SVGA ドライバ。この機能を使用しないと、仮想マシンの表示機能が制限されます。

同期

Filesystem Sync ドライバで、これにより、バックアップ アプリケーションはアプリケーションの整合性を備えたスナップショットを作成できます。このドライバを使用すると、スナップショットの作成中に I/O 書き込みは行われません。このドライバは、ゲスト OS が Windows Server 2003 よりも前の場合に使用されます。それより新しいオペレーティング システムの場合は、代わりに VSS ドライバを使用します。

VMCI

仮想マシン通信インターフェイス ドライバ。このドライバにより、仮想マシンはネットワークを使用せずに、実行元のホストと通信できるようになります。開発者は、VMCI ソケット (vsock) インターフェイスにクライアント サーバ アプリケーションを作成して、VMCI 仮想デバイスを使用できます。

Hgfs

VMware の共有フォルダ ドライバ。このドライバは、VMware Workstation、Player、または Fusion でこの仮想マシンを使用する場合に使います。この機能を使用しないと、仮想マシンとホスト システム間でフォルダを共有できなくなります。

VMXNet

VMware の VMXnet ネットワーク ドライバ。

VMXNet3

仮想ハードウェア バージョン 7 以降を使用した仮想マシン用の VMware の次世代 VMXnet ネットワーク ドライバ。詳細については、当社のナレッジ ベースの記事 1001805 を参照してください。

仮想ハードウェアのバージョン 7 は ESX/ESXi 4.x の互換性に対応しています。

ファイル イントロスペクション

NSX ファイル イントロスペクション ドライバ、vsepflt.sys。2 つの ゲスト イントロスペクション ドライバの 1 つ目。これは、NSX ネットワーク イントロスペクション ドライバをインストールせずに個別にインストールできます。

ネットワーク イントロスペクション

NSX ネットワーク イントロスペクション ドライバ、vnetflt.sys。2 つの ゲスト イントロスペクション ドライバの 2 つ目。

VSS

自動バックアップの作成用ドライバ。このドライバは、ゲスト OS が Windows Vista、Windows Server 2003、またはそれより新しいオペレーティング システムの場合に使用します。これらより前のバージョンのオペレーティング システムおよび Linux オペレーティング システムでは、代わりに Filesystem Sync ドライバが使用されます。

ツールボックス

Unity

ユニティ機能をサポートするコンポーネント。これにより、仮想マシンでアプリケーション ウィンドウを開いて、ユニティ モードに切り替えると、そのウィンドウをほかのホストのアプリケーション ウィンドウのようにホストのデスクトップ上に表示できます。

Perfmon

WMI パフォーマンスのロギング用ドライバ。

重要:

使用するコンポーネントの値を決定する 1 つの方法として、対話形式の VMware Tools インストーラを完全なロギングを有効にして実行し、インストールするコンポーネントを選択して、ADDLOCAL プロパティおよび REMOVE プロパティのログ ファイルを検索する方法があります。ログ ファイルにはプログラムで使用されている名前が表示されます。次のコマンドは、対話形式のインストーラを完全なロギングを有効にして実行します。

Setup.exe /s /v"/qn /l*v ""%TEMP%\vmmsi.log"""