仮想マシンを作成する場合は、一意の名前を設定します。この一意の名前により、仮想マシンのフォルダまたはデータセンターにある既存の仮想マシンから区別されます。名前の長さは、最大 80 文字です。仮想マシン用のデータセンターやフォルダの場所は、組織のニーズに合わせて選択できます。

このタスクについて

組織内の異なるグループ用の仮想マシンをフォルダに格納して、それらのフォルダへの権限を設定できます。よりフラットな階層の場合は、仮想マシンとテンプレートをすべて 1 つのデータセンターにおいて、さまざまな方法で整理できます。

仮想マシン名によって、ディスクの仮想マシン ファイルおよびフォルダの名前が決定されます。たとえば、仮想マシンに win8 という名前を付けると、その仮想マシンのファイル名は win8.vmx、win8.vmdk、win8.nvram のようになります。仮想マシンの名前を変更しても、データストア上のファイルの名前は変更されません。

手順

  1. 仮想マシンの名前を入力します。
  2. 仮想マシンをデプロイするデータ センターまたはフォルダを選択または検索します。
  3. 次へ をクリックします。