強化されたグラフィックス表示やマウス アクション、または VMware Tools に依存する機能に問題がある場合は、インストールされているモジュールの修復または変更が必要な場合があります。

始める前に

  • 仮想マシンをパワーオンします。

  • ゲスト OS にログインします。

このタスクについて

VMware Tools のアップグレード中は、新しいモジュールの一部がインストールされないことがあります。手動でインストールされているモジュールを変更することによって、新しいモジュールをインストールすることができます。

重要:

VMware Tools を修復または変更するために、Windows のコントロール パネル上にあるゲスト OS の プログラムの追加と削除 項目を使用しないでください。

手順

  1. VMware Tools の仮想ディスクをゲスト OS にマウントします。

    VMware 製品

    アクション

    vSphere Client

    インベントリ > 仮想マシン > ゲスト > VMware のインストール/アップグレード

    vSphere Web Client

    仮想マシンを右クリックし、ゲスト OS > VMware Tools のインストール/アップグレード の順に選択します。

    Fusion

    仮想マシン > VMware Tools のインストール(またはアップグレード)

    Workstation Pro

    仮想マシン > VMware Tools のインストール(またはアップグレード)

    Workstation Player

    Player > 管理 > VMware Tools のインストール(またはアップグレード)

  2. VMware Tools の仮想ディスクをゲスト OS にマウントします。

    VMware 製品

    アクション

    vSphere Client

    インベントリ > 仮想マシン > ゲスト > VMware Tools のインストール/アップグレード

    vSphere Web Client

    仮想マシンを右クリックし、すべての vCenter アクション > ゲスト OS > VMware Tools のインストール/アップグレード の順に選択します。

    1. 仮想マシンを見つけるには、データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホスト、または vApp を選択します。

    2. 関連オブジェクト タブで、仮想マシン をクリックします。

  3. アップグレードまたは再インストールを行う場合は、VMware Tools のインストール/アップグレード ダイアログ ボックスで Tools の対話型インストール または Tools の対話型アップグレード を選択し、OK をクリックします。

    ゲスト OS で VMware Tools の仮想ディスクをマウントすることで、プロセスが開始されます。

  4. CD-ROM ドライブの自動再生が有効になっていない場合は、VMware Tools のインストール ウィザードを手動で起動するため、スタート > ファイル名を指定して実行 をクリックして D:\setup.exe と入力します。ここで、D: は最初の仮想 CD-ROM ドライブです。
  5. ウィザードの開始画面で 次へ をクリックします。
  6. モジュールの修復または変更を指定します。
    • 修復をクリックして、すでにインストールされているコンポーネントのファイル、レジストリ設定などを修復します。

    • 修正 をクリックして、インストールされているモジュールを指定します。

  7. 後は画面の指示に従ってください。

次のタスク

それでも機能が動作しない場合は、VMware Tools をアンインストールして再インストールしてください。