既存の仮想マシンに仮想ハード ディスクを追加することも、仮想マシンの作成プロセス中に仮想マシンのハードウェアをカスタマイズするときにハード ディスクを追加することもできます。たとえば、ワークロードが高い既存の仮想マシンにディスク容量を追加する必要がある場合があります。仮想マシン作成中に、起動ディスクとして事前構成されたハード ディスクを追加する必要がある場合があります。

始める前に

  • 仮想ハード ディスクの追加に関する構成オプションと注意点について理解しておいてください。仮想ディスクの構成 を参照してください。

  • 2 TB を超えるディスクを仮想マシンに追加する前に、大容量仮想ディスクの要件と制限事項 を参照してください。

  • 接続先のフォルダまたはデータストア上で 仮想マシン > 構成 > 新規ディスクの追加 の権限があることを確認します。

このタスクについて

仮想マシンの作成中、選択したゲスト OS に基づいて、デフォルトでハード ディスクおよび SCSI または SATA コントローラが仮想マシンに追加されます。このディスクがニーズを満たさない場合には、ディスクを削除し、作成プロセスの最後に新しいハード ディスクを追加できます。

仮想マシンに複数のハード ディスクを追加すると、それらを複数のコントローラに割り当ててパフォーマンスを向上させることができます。コントローラおよびバス ノードの動作については、SCSI および SATA ストレージ コントローラの条件、制限事項、互換性 を参照してください。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. (オプション) : 既存のハード ディスクを削除するには、ディスク上にカーソルを移動させて、削除 アイコンをクリックします。

    ディスクが仮想マシンから削除されます。他の仮想マシンがディスクを共有している場合は、ディスク ファイルは削除されません。

  3. 仮想ハードウェア タブで、新規デバイス ドロップダウン メニューから 新規ハード ディスク を選択し、追加 をクリックします。

    ハード ディスクが、仮想ハードウェア デバイスのリストに表示されます。

  4. 新規ハードディスク を展開します。
  5. (オプション) : ハードディスクの値を入力し、ドロップダウン メニューから単位を選択します。
  6. 仮想マシン ファイルを保存するデータストアの場所を選択します。

    オプション

    操作

    すべての仮想マシン ファイルをデータストア上の同じ場所に保存。

    1. 仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューから、仮想マシン ストレージ ポリシーを仮想マシンのホーム ファイルと仮想ディスクに適用します。

      リストには、選択した仮想マシン ストレージ ポリシーと互換性のあるデータストアおよび互換性のないデータストアが示されます。

    2. データストアを選択して、次へ をクリックします。

    すべての仮想マシン ファイルを同じデータストア クラスタに保存。

    1. 仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューから、仮想マシン ストレージ ポリシーを仮想マシンのホーム ファイルと仮想ディスクに適用します。

      リストには、選択した仮想マシン ストレージ プロファイルと互換性のあるデータストアおよび互換性のないデータストアが示されます。

    2. データストア クラスタを選択します。

    3. この仮想マシンでストレージ DRS を使用しない場合は、この仮想マシンに対してストレージ DRS を無効にする を選択し、データストア クラスタ内のデータストアを選択します。

    4. 次へをクリックします。

    仮想マシン構成ファイルとディスクを別々の場所に保存。

    1. 詳細 をクリックします。

    2. 仮想マシン構成ファイルおよび各仮想ディスクについて、参照 をクリックし、データストアまたはデータストア クラスタを選択します。

    3. (オプション)仮想マシン ストレージ プロファイル ドロップダウン メニューから、仮想マシン ストレージ ポリシーを適用します。

      リストには、選択した仮想マシン ストレージ ポリシーと互換性のあるデータストアおよび互換性のないデータストアが示されます。

    4. データストア クラスタを選択したが、この仮想マシンではストレージ DRS を使用しない場合は、この仮想マシンに対してストレージ DRS を無効にする を選択し、データストア クラスタ内のデータストアを選択します。

    5. 次へをクリックします。

  7. 仮想マシンのディスク用のフォーマットを選択し、次へ をクリックします。

    オプション

    操作

    シック プロビジョニング (Lazy Zeroed)

    仮想ディスクをデフォルトのシック フォーマットで作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。物理デバイスに残っているあらゆるデータは、作成中には消去されませんが、仮想マシンへ初めて書き込みを行うときに必要に応じてゼロアウトされます。

    シック プロビジョニング (Eager Zeroed)

    Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック ディスクを作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。フラット フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは、作成時にゼロアウトされます。ほかのタイプのディスクに比べて、ディスクの作成に非常に長い時間がかかることがあります。

    シン プロビジョニング

    シン プロビジョニング フォーマットを使用します。最初、シン プロビジョニング ディスクは、そのディスクが初期に必要とする領域のみを使用します。あとでシン ディスクでさらに多くの容量が必要になると、そこに割り当てられている最大容量まで拡張できます。

  8. シェア ドロップダウン メニューで、仮想ディスクに割り当てるシェアの値を選択します。

    シェアは、ディスク バンド幅を制御するための相対的な基準を表す値です。値の低、中、高、カスタムは、ホスト上にあるすべての仮想マシンのすべてのシェアの合計と比較されます。

  9. カスタム を選択した場合は、テキスト ボックスにシェア数を入力します。
  10. 限度 - IOP ボックスで、仮想マシンに割り当てるストレージ リソースの上限を入力するか、制限なし を選択します。

    この値は、仮想ディスクに割り当てられた 1 秒あたりの I/O 操作の上限です。

  11. デフォルトをそのまま使用するか、別の仮想デバイス ノードを選択します。

    ほとんどの場合、デフォルトのデバイス ノードをそのまま使用できます。ハード ディスクの場合は、起動順序を制御したり異なる SCSI コントローラ タイプを使用したりする際に、デフォルト以外のデバイス ノードが役立ちます。たとえば、LSI Logic コントローラから起動し、バスの共有を有効にした Buslogic コントローラを使用してデータ ディスクを別の仮想マシンと共有できます。

  12. (オプション) : ディスク モードを選択し、OK をクリックします。

    オプション

    説明

    依存型

    依存型ディスクはスナップショットに含まれます。

    独立型:通常

    通常モードのディスクは、物理コンピュータ上の従来のディスクと同様に動作します。通常モードのディスクに書き込まれたすべてのデータは、永続的にこのディスクに書き込まれます。

    独立型:読み取り専用

    読み取り専用モードのディスクへの変更は、仮想マシンをパワーオフまたはリセットしたときに破棄されます。読み取り専用モードでは、仮想マシンを再起動するときに仮想ディスクが常に同じ状態になります。ディスクへの変更は REDO ログ ファイルに書き込まれ、このファイルから読み取られます。REDO ログ ファイルはパワーオフまたはリセット時に削除されます。