ホスト、クラスタ、データセンターで作成する仮想マシンのデフォルトの互換性を設定できます。これらのオプションを使用すると、既存の vSphere 環境に仮想マシンを追加するときに、そこにあるホスト バージョンと互換性を持たせることができます。

始める前に

必要な権限:

  • ホストまたはクラスタで:ホスト > インベントリ > クラスタの変更

  • データセンターで:データセンター > データセンターの再構成

このタスクについて

次の条件が適用されます。

  • クラスタでデフォルトの互換性を設定するには、接続されているメンテナンス モード以外のホストをクラスタに含める必要があります。

  • ホストのデフォルトの互換性の設定により、デフォルトのクラスタ設定またはデータセンター設定はオーバーライドされます。

  • クラスタのデフォルトの互換性の設定により、デフォルトのデータセンター設定はオーバーライドされます。

手順

インベントリで、ホスト、クラスタまたはデータセンターを選択します。

オプション

操作

ホスト

  1. 管理 タブをクリックし、設定 をクリックします。

  2. [仮想マシン] セクションで、デフォルトの仮想マシンの互換性 を選択して 編集 をクリックします。

  3. ドロップダウン メニューから互換性を選択し、OK をクリックします。

注:

クラスタに含まれないホストでのみ互換性を設定できます。

クラスタ

  1. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。

  2. [構成] セクションで、全般 を選択して、仮想マシンのデフォルトの互換性 の横にある 編集 ボタンをクリックします。

  3. ドロップダウン メニューから互換性を選択し、OK をクリックします。

クラスタの互換性を変更すると、クラスタ内部のすべてのホストの互換性が同様に変更されます。

データ センター

  1. データセンターを右クリックし、デフォルトの仮想マシンの互換性の編集 を選択します。

  2. ドロップダウン メニューから互換性を選択し、OK をクリックします。

タスクの結果

これらのオブジェクトのいずれかで仮想マシンを作成する場合、デフォルトの互換性の設定が使用されます。