vSphere Certificate Manager を使用して証明書の管理操作を実行する際に、証明書が置き換えられる前に、現在の証明書の状態が BACKUP_STORE ストアに格納されます。最後に実行した処理を取り消して、以前の状態に戻すことができます。

このタスクについて

注:

取り消し操作により、現在 BACKUP_STORE 内にあるものがリストアされます。2 つの異なるオプションを使用して vSphere Certificate Manager を実行していて、取り消しを行う場合は、最後の操作のみが取り消されます。