vCenter Single Sign-On ユーザー アカウントを無効にすると、管理者がアカウントを有効にするまで、そのユーザーは vCenter Single Sign-On サーバにログインできなくなります。アカウントは、いずれかの vCenter Single Sign-On 管理インターフェイスで有効および無効にできます。

このタスクについて

無効なユーザー アカウントは引き続き vCenter Single Sign-On システムで使用可能ですが、そのユーザーはログインできず、サーバでの操作を実行できません。管理者権限を保有するユーザーは、vCenter Server の ユーザーおよびグループ ページからユーザーを無効および有効にできます。

前提条件

vCenter Single Sign-On ユーザーを無効および有効にするには、vCenter Single Sign-On 管理者グループのメンバーである必要があります。

手順

  1. Web ブラウザから vSphere Web Client または Platform Services Controller に接続します。

    オプション

    説明

    vSphere Web Client

    https://vc_hostname_or_IP/vsphere-client

    Platform Services Controller

    https://psc_hostname_or_IP/psc

    組み込みデプロイでは、Platform Services Controller のホスト名または IP アドレスは vCenter Server のホスト名または IP アドレスと同じです。

  2. administrator@vsphere.local または vCenter Single Sign-On 管理者グループの別のメンバーのユーザー名とパスワードを指定します。

    インストール時に異なるドメインを指定した場合は、administrator@mydomain としてログインします。

  3. vCenter Single Sign-On ユーザーの設定を行うユーザー インターフェイスに移動します。

    オプション

    説明

    vSphere Web Client

    1. ホーム メニューから 管理 を選択します。

    2. シングル サインオン で、ユーザーおよびグループ をクリックします。

    Platform Services Controller

    シングル サインオン > ユーザーおよびグループ の順にクリックします。

  4. ユーザー アカウントを選択し、無効化 アイコンをクリックし、メッセージが表示されたら はい をクリックします。
  5. ユーザーを再び有効にするには、ユーザー名を右クリックして 有効 を選択し、メッセージが表示されたら はい をクリックします。