vCenter Certificate Authority (VMCA) に認識されている証明書を表示して、有効な証明書の有効期限が近付いているかどうかを確認したり、有効期限切れの証明書を参照したり、ルート証明書のステータスを確認したりできます。すべての証明書管理タスクは、証明書の CLI を使用して実行します。

このタスクについて

組み込みデプロイまたは Platform Services Controller に含まれている VMCA インスタンスに関連付けられた証明書を表示します。証明書の情報は VMware Directory Service (vmdir) のインスタンス全体にレプリケートされます。

vSphere Web Client で証明書を表示しようとすると、ユーザー名とパスワードを求められます。VMware 認証局の権限を持つユーザー、すなわち CAAdmins vCenter Single Sign-On グループのユーザーのユーザー名とパスワードを指定します。

手順

  1. vCenter Server に administrator@vsphere.local または CAAdmins vCenter Single Sign-On グループの他のユーザーとしてログインします。
  2. [ホーム] メニューから 管理 を選択します。
  3. ノード をクリックし、証明書を表示または管理する対象ノードを選択します。
  4. 管理 タブをクリックし、認証局 をクリックします。
  5. 証明書情報を表示する証明書のタイプをクリックします。

    オプション

    説明

    有効な証明書

    有効な証明書を、検証情報とともに表示します。緑の [有効期間の終了] アイコンは、証明書の有効期限が近付くと変化します。

    失効した証明書

    失効した証明書のリストを表示します。今回のリリースではサポートされていません。

    有効期限の切れた証明書

    有効期限の切れた証明書を表示します。

    ルート証明書

    vCenter Certificate Authority の、このインスタンスで使用可能なルート証明書を表示します。

  6. 証明書を選択して 証明書の詳細の表示 ボタンをクリックして証明書の詳細を表示します。

    詳細には Subject Name、Issuer、Validity および Algorithm が含まれています。