CLI のセットを使用すると、VMCA (VMware Certificate Authority)、VECS(VMware Endpoint 証明書ストア)、および VMware Directory Service (vmdir) を管理できます。vSphere Certificate Manager ユーティリティでは、多くの関連タスクもサポートしていますが、手動の証明書管理とその他のサービスの管理には CLI が必要になります。

表 1. 証明書および関連サービスを管理する CLI ツール

CLI

説明

詳細については、ドキュメントを参照してください。

certool

証明書およびキーを生成および管理します。VMCAD の一部としての VMware 証明書管理サービス。

certool 初期化コマンド リファレンス

vecs-cli

VMware 証明書ストア インスタンスのコンテンツを管理します。VMAFD の一部です。

vecs-cli コマンド リファレンス

dir-cli

VMware Directory Service に証明書を作成し更新します。VMAFD の一部です。

dir-cli コマンド リファレンス

sso-config

一部の vCenter Single Sign-On の構成です。多くの場合、Platform Services Controller Web インターフェイスの使用が推奨されます。2 要素認証の設定にこのコマンドを使用します。

コマンドライン ヘルプ。

vCenter Server 2 要素認証

service-control

証明書の置換ワークフローの一部などでサービスを開始または停止します。

CLI の場所

デフォルトでは、CLI は各ノードの次の場所にあります。

Windows

C:\Program Files\VMware\vCenter Server\vmafdd\vecs-cli.exe

C:\Program Files\VMware\vCenter Server\vmafdd\dir-cli.exe

C:\Program Files\VMware\vCenter Server\vmcad\certool.exe

C:\Program Files\VMware\VCenter server\VMware Identity Services\sso-config

VCENTER_INSTALL_PATH\bin\service-control

Linux

/usr/lib/vmware-vmafd/bin/vecs-cli

/usr/lib/vmware-vmafd/bin/dir-cli

/usr/lib/vmware-vmca/bin/certool

/opt/vmware/bin

Linux では、service-control コマンドでパスを指定する必要はありません。

外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server システムからコマンドを実行する場合、--server パラメータを使用して Platform Services Controller を指定できます。