vSphere HA クラスタに追加する各ホスト上で、2 つの異なるネットワーク スイッチ(vMotion と FT ログ記録)を構成して、ホストが vSphere Fault Tolerance をサポートできるようにする必要があります。

このタスクについて

1 台のホストに対して Fault Tolerance を設定にするには、この手順をポート グループ オプション(vMotion と FT ログ記録)ごとに実行して、Fault Tolerance のログ記録用に十分なバンド幅を確保する必要があります。一方のオプションを選択し、手順を実行してから、もう一方のポート グループ オプションを選択して再び同じ手順を繰り返します。

前提条件

ギガビットのネットワーク インターフェイス カード (NIC) が複数枚必要です。Fault Tolerance をサポートする各ホストについて、最低でも 2 つの物理 NIC を搭載することをお勧めします。たとえば、Fault Tolerance のログ専用に 1 つと、vMotion 専用に 1 つ必要です。可用性を確保するためには、3 つ以上の NIC を使用してください。

注:

vMotion と FT ログ記録 NIC は異なるサブネットに配置する必要があります。レガシー FT を使用する場合、FT ログ記録 NIC では IPv6 はサポートされません。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動して参照します。
  2. 構成 タブをクリックし、ネットワーク をクリックします。
  3. VMkernel ネットワーク アダプタ を選択します。
  4. ホスト ネットワークの追加 アイコンをクリックします。
  5. 接続タイプに該当する情報を入力します。
  6. 終了 をクリックします。

タスクの結果

vMotion と Fault Tolerance のログの両方の仮想スイッチを作成したあとに、必要に応じてほかの仮想スイッチを作成できます。ホストをクラスタに追加し、Fault Tolerance をオンにするための手順を完了します。

次のタスク

注:

FT をサポートするようネットワークを構成すると、その後 Fault Tolerance のログ用ポートをサスペンドしても、すでにパワーオンされている Fault Tolerance 対応の仮想マシンのペアはパワーオンされたままになります。フェイルオーバーの状況が発生した場合、プライマリ仮想マシンがそのセカンダリ仮想マシンで置き換えられると、新しいセカンダリ仮想マシンは起動されないため、新しいプライマリ仮想マシンは保護されていない状態で動作します。