vCenter High Availability (vCenter HA) は、ホストとハードウェアの障害に加え、vCenter Server アプリケーションの障害からの保護にも対応します。vCenter HA は、アクティブからパッシブへの自動フェイルオーバーを使用することで、ダウンタイムを最小限に抑えた高可用性に対応します。

vCenter HA のデプロイ オプション

vCenter HA は、ご利用の vCenter Server Appliance を保護します。ただし、vCenter Server Appliance の認証、証明書の管理、ライセンス提供は、Platform Services Controller によって行われます。そのため、Platform Services Controller の高可用性は、ご自身で確保する必要があります。そのための選択肢を次に示します。

  • Platform Services Controller が組み込まれたアクティブ ノードをデプロイします。クローン作成プロセスの一環として、Platform Services Controller とそのすべてのサービスのクローンも作成されます。アクティブ ノードからパッシブ ノードへの同期の過程で、パッシブ ノード上の Platform Services Controller が更新されます。

    アクティブ ノードからパッシブ ノードへのフェイルオーバーが発生すると、パッシブ ノード上の Platform Services Controller が利用可能な状態になって、環境全体が利用可能な状態になります。

  • Platform Services Controller インスタンスを複数デプロイし、ロード バランサーの内側に配置します。

    アクティブ ノードからパッシブ ノードへのフェイルオーバーが発生したとき、そのロード バランサーをパッシブ ノードは参照し続けます。いずれかの Platform Services Controller インスタンスが使用できない状態になると、ロード バランサーは別の Platform Services Controller インスタンスに要求をリダイレクトします。

vCenter HA デプロイ オプションを参照してください。

vCenter HA の構成オプション

vCenter HA の構成は、vSphere Web Client から行います。構成ウィザードには、次のオプションが用意されています。

オプション

説明

基本

[基本] を選択した場合、パッシブ ノードと監視ノードにアクティブ ノードのクローンが作成され、それらのノードが自動的に構成されます。

ご利用の環境が次のいずれかの要件を満たしている場合に、このオプションを選択できます。

  • アクティブ ノードになる vCenter Server Appliance が、それ自身の ESXi ホストと仮想マシンを管理している。この構成は、自己管理型の vCenter Server と呼ばれることがあります。

  • または、vCenter Server Appliance が別のvCenter Server(管理 vCenter Server)によって管理され、両方の vCenter Server インスタンスが同じ vCenter Single Sign-On ドメイン内に存在する。これは双方に外部 Platform Services Controller が使用されていて、なおかつどちらも vSphere 6.5 が実行されていることを意味します。

基本オプションを使用した vCenter HA の構成を参照してください。

詳細

[詳細] を選択した場合は、より柔軟な構成が可能になります。ご利用の環境がハードウェアとソフトウェアの要件を満たしていれば、このオプションを選択できます。

このオプションを選択した場合、パッシブ ノードと監視ノードに対し、手動でアクティブ ノードのクローンを作成する必要があります。一部のネットワーク構成についても自分で行う必要があります。

詳細オプションを使用した vCenter HA の構成を参照してください。