基本オプションを使用した場合、2 番目のネットワーク アダプタを vCenter Server Appliance に作成して構成し、アクティブ ノードのクローンを作成して、vCenter HA ネットワークを構成するまでの作業が、vCenter HA ウィザードによって実行されます。

前提条件

  • 初期アクティブ ノードとして使用する vCenter Server Appliance をデプロイします。

    • vCenter Server Appliance には、固定 IP アドレスが必要です。

    • vCenter Server Appliance では、SSH を有効にする必要があります。

  • ご利用の環境が次のいずれかの要件を満たしていることを確認します。

    • アクティブ ノードになる vCenter Server Appliance が、それ自身の ESXi ホストと仮想マシンを管理している。この構成は、自己管理型の vCenter Server と呼ばれることがあります。

    • または、vCenter Server Appliance が別の vCenter Server(管理 vCenter Server)によって管理され、両方のアプライアンスが同じ vCenter Single Sign-On ドメイン内に存在する。これは双方に外部 Platform Services Controller が使用されていて、なおかつどちらも vSphere 6.5 が実行されていることを意味します。

    ご利用の環境が、いずれの要件も満たしていない場合は、詳細構成を実行してください。詳細オプションを使用した vCenter HA の構成を参照してください。

  • vCenter HA ネットワークのインフラストラクチャを設定します。ネットワークの構成を参照してください。

  • パッシブ ノードおよび監視ノードとなる 2 つの vCenter Server Appliance ノードに使用する固定 IP アドレスを決めます。

手順

  1. vSphere Web Client を使用してアクティブ ノードにログインします。
  2. インベントリ内の vCenter Serverオブジェクトを右クリックし、vCenter HA の設定 を選択します。
  3. 構成 をクリックします。
  4. 基本構成オプションを選択し、次へをクリックします。

    このオプションを利用できるのは、ご利用の環境が基本オプションの前提条件を満たしている場合だけです。

  5. アクティブ ノードの IP アドレスとサブネット マスク、vCenter HA ネットワークに接続するためのポート グループを指定して、次へ をクリックします。
  6. パッシブ ノードと監視ノードについて vCenter HA ネットワークの IP アドレスとサブネット マスクを指定し、次へ をクリックします。

    これらのアドレスは、構成ウィザードから vCenter HA ネットワークを作成して、3 つのノードに接続するために必要となります。

  7. (オプション) : パッシブ ノードのフェイルオーバー管理 IP アドレスをオーバーライドする場合は、詳細 をクリックします。
  8. パッシブ ノードと監視ノードの情報を確認し、編集 をクリックして変更を適用したら、次へ をクリックします。

    DRS クラスタを使用していない場合、可能であればパッシブ ノードと監視ノードには異なるホストとデータストアを選択してください。

  9. 終了 をクリックします。

タスクの結果

パッシブ ノードと監視ノードが作成されます。vCenter HA の構成が完了すると、vCenter Server Appliance に高可用性の保護が適用されます。

次のタスク

クラスタ管理タスクの一覧については、vCenter HA 構成の管理を参照してください。