vSphere HA は、データストア ハートビートを使用して、障害が発生したホストとネットワーク パーティションにあるホストを区別します。データストア ハートビートを使用すると、vSphere HA は、管理ネットワーク パーティションの発生時にホストを監視し、継続的に障害に対応できます。

このタスクについて

データストア ハートビートに使用するデータストアを指定できます。

手順

  1. vSphere Web Client で、vSphere HA クラスタに移動して参照します。
  2. 設定 タブをクリックします。
  3. vSphere の可用性 を選択し、編集 をクリックします。
  4. ハートビート データストア をクリックして、データストア ハートビートの構成オプションを表示します。
  5. データストアの選択方法と環境設定の処理方法について vSphere HA に指示するには、次のオプションから選択します。
    表 1.

    データストア ハートビートのオプション

    ホストからアクセス可能なデータストアを自動的に選択します

    指定したリストからのデータストアのみを使用する

    指定したリストからのデータストアを使用し、必要に応じて自動的に補足する

  6. [使用可能なハートビート データストア] ペインで、ハートビートに使用するデータストアを選択します。

    一覧表示されるデータストアは、vSphere HA クラスタ内の複数のホストで共有されます。データストアを選択すると、そのデータストアにアクセスできる vSphere HA クラスタ内のホストがすべてペインの下部に表示されます。

  7. OK をクリックします。