vSphere HA 用にクラスタを有効にするには、最初に空のクラスタを作成する必要があります。クラスタのリソースおよびネットワーク アーキテクチャの計画後に、vSphere Web Client を使用してクラスタにホストを追加し、そのクラスタの vSphere HA 設定を指定します。

このタスクについて

vSphere Fault Tolerance には vSphere HA 対応のクラスタが必須です。

前提条件

  • すべての仮想マシンとその構成ファイルが共有ストレージに格納されていることを確認します。

  • クラスタ内の別のホストを使用して仮想マシンをパワーオンできるようにするため、ホストが共有ストレージにアクセスするように構成されていることを確認します。

  • ホストが仮想マシン ネットワークにアクセスできるよう構成されていることを確認します。

  • vSphere HA 用に冗長な管理ネットワーク接続を使用していることを確認します。ネットワークの冗長性の設定に関する詳細は、ネットワークのベスト プラクティスを参照してください。

  • vSphere HA データストア ハートビートに冗長性を持たせるため、少なくとも 2 つのデータストアを使用してホストが構成されていることを確認します。

  • クラスタの管理者権限を持つアカウントを使用して、vSphere Web ClientvCenter Server に接続します。

手順

  1. vSphere Web Client で、クラスタを配置するデータセンターを参照し、クラスタの作成 をクリックします。
  2. 新規クラスタ ウィザードを最後まで実行します。

    vSphere HA (または DRS) を有効にしないでください。

  3. OK をクリックしてウィザードを閉じ、空のクラスタを作成します。
  4. クラスタのリソースおよびネットワーク アーキテクチャの計画に基づき、vSphere Web Client を使用してクラスタにホストを追加します。
  5. クラスタを参照し、vSphere HA を有効にします。
    1. 構成 タブをクリックします。
    2. vSphere の可用性 を選択し、編集 をクリックします。
    3. vSphere HA をオンにする チェック ボックスを選択します。
    4. Proactive HA をオンにする を選択して、プロバイダが健全性低下を通知したホストから、仮想マシンをプロアクティブに移行できるようにします。
  6. 障害および対応ホスト監視の有効化 を選択します。

    ホスト監視を有効にすることにより、クラスタ内のホストはネットワークのハートビートを相互に送信でき、vSphere HA は障害を検出したときにアクションを実行できます。vSphere Fault Tolerance リカバリ プロセスが正常に機能するには、ホスト監視が必要です。

  7. 仮想マシンの監視 の設定を選択します。

    仮想マシンの監視のみ を選択し、仮想マシンのハートビートを設定した時間内に受信できなくなった場合に、その仮想マシンを個別に再起動します。仮想マシンとアプリケーションの監視 を選択してアプリケーションの監視を有効にすることもできます。

  8. OK をクリックします。

タスクの結果

これで、ホストが組み込まれた vSphere HA クラスタは作成しました。

次のタスク

クラスタに適した vSphere HA 設定を構成します。

  • 障害および対応

  • Proactive HA の障害および対応

  • アドミッション コントロール

  • ハートビート データストア

  • 詳細オプション

vSphere の可用性設定の構成を参照してください。