仮想マシンとアプリケーションの監視をオンにし、vSphere HA クラスタの監視感度も設定できます。

このタスクについて

このページは、vSphere HA を有効にしている場合にのみ編集可能です。

手順

  1. vSphere Web Client で、vSphere HA クラスタに移動して参照します。
  2. 設定 タブをクリックします。
  3. vSphere の可用性 を選択し、編集 をクリックします。
  4. 障害および対応 をクリックし、仮想マシンの監視 を展開します。
  5. 仮想マシンの監視 および アプリケーションの監視 を選択します。

    これらの設定で、VMware Tools のハートビートとアプリケーションのハートビートがそれぞれ有効になります。

  6. ハートビートの監視感度を設定するには、スライダを の間で移動させるか、カスタム を選択してカスタム設定を指定します。
  7. OK をクリックします。

タスクの結果

監視の設定が有効になります。