vSphere Fault Tolerance (FT) を使用する前に、この機能に適用される要件、制限、およびライセンスについて検討します。

要件

次の CPU 要件とネットワーク要件が FT に適用されます。

フォールト トレランス対応仮想マシンのホスト マシンで使用される CPU は、vSphere vMotion と互換性があるか、または Enhanced vMotion Compatibility によって機能強化されている必要があります。また、ハードウェア MMU 仮想化(Intel EPT または AMD RVI)をサポートする CPU が必要です。次の CPU がサポートされています。

  • Intel Sandy Bridge 以降。Avoton はサポートされていません。

  • AMD Bulldozer 以降。

FT には 10 Gbit ログ記録ネットワークを使用し、ネットワークが低遅延であることを確認します。FT 専用のネットワークを使用することをお勧めします。

制限

Fault Tolerance を使用するように構成されたクラスタでは、2 つの制限が個別に適用されます。

das.maxftvmsperhost

クラスタの 1 台のホストで許容されるフォールト トレランス対応仮想マシンの最大数。プライマリ仮想マシンとセカンダリ仮想マシンの両方がこの制限に含まれます。デフォルト値は 4 です。

das.maxftvcpusperhost

ホスト上のすべてのフォールト トレランス対応仮想マシンから集計される vCPU の最大数。プライマリ仮想マシンとセカンダリ仮想マシンの両方の vCPU がこの制限に含まれます。デフォルト値は 8 です。

ライセンス

1 台のフォールト トレランス対応仮想マシンによってサポートされる vCPU の数は、購入した vSphere のライセンスのレベルによって制限されます。Fault Tolerance は次のようにサポートされます。

  • vSphere Standard と vSphere Enterprise。最大 2 つの vCPU を許可

  • vSphere Enterprise Plus。最大 4 つの vCPU を許可

注:

FT とレガシー FT は、vSphere Essentials と vSphere Essentials Plus ではサポートされていません。