計画的または計画外のいずれの場合でも、ダウンタイムによって多大なコストが生じます。一方、より高いレベルの可用性を実現するための従来のソリューションはコストがかかり、実装が複雑で、管理が困難でした。

VMware のソフトウェアを使用すると、より簡単で安価に、重要なアプリケーションに対する高いレベルの可用性を実現できます。vSphere を使用すると、より簡単で安価に、高いレベルの可用性を実現できるだけでなく、すべてのアプリケーションに提供される可用性の基準となるレベルが向上します。vSphere を使用すると、ユーザーは次のことが可能になります。

  • ハードウェア、オペレーティング システム、およびアプリケーションに関わらず、高可用性を実現できます。

  • 一般的なメンテナンス操作のための計画的ダウンタイムを減らすことができます。

  • 障害が発生した場合に、自動的にリカバリできます。

vSphere では、計画的なダウンタイムを減らす、計画外のダウンタイムを回避する、停止状態から迅速に回復するなどが可能です。