vCenter HA クラスタはその構成の編集を通じて、無効(または有効)にしたりメンテナンス モードにしたり削除したりすることができます。

このタスクについて

vCenter Server Appliance の運用モードでは、vCenter HA クラスタでフェイルオーバー機能および状態のレプリケーションを制御します。

vCenter HA クラスタは、次のいずれかのモードで運用することができます。

表 1. vCenter HA クラスタの運用モード

モード

自動フェイルオーバー

手動フェイルオーバー

レプリケーション

有効にする

このデフォルトの運用モードでは、自動フェイルオーバーを実行して、ハードウェアおよびソフトウェア障害から vCenter Server Appliance を保護します。

メンテナンス

なし

一部のメンテナンス タスクで使用します。一方、vCenter HA を無効にしなければならないタスクもあります。

無効

なし

なし

なし

パッシブ ノードまたは監視ノードが失われた場合、または障害から回復中の場合に、vCenter HA の構成を無効にすることができます。アクティブ ノードはスタンドアロン vCenter Server Appliance として引き続き実行されます。

注:

クラスタをメンテナンス モードまたは無効モードのいずれかで運用しているときは、パッシブ ノードおよび監視ノードが失われる場合、または到達不可能な場合でも、アクティブ ノードは引き続きクライアントの要求に対応できます。

前提条件

vCenter HA クラスタがデプロイされていて、アクティブ ノード、パッシブ ノード、および監視ノードが含まれていることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client でアクティブ ノードの vCenter Server Appliance にログインし、構成 をクリックします。
  2. 設定vCenter HA を選択し、編集 をクリックします。
  3. 次のオプションから 1 つ選択します。

    オプション

    結果

    vCenter HA を有効にする

    アクティブ ノードとパッシブ ノード間のレプリケーションが有効になります。クラスタが健全な状態の場合、アクティブ ノードは、パッシブ ノードからの自動フェイルオーバーによって保護されます。

    メンテナンス モード

    メンテナンス モードでも、アクティブ ノードとパッシブ ノード間のレプリケーションが実行されます。ただし、自動フェイルオーバーは無効になります。

    vCenter HA を無効にする

    レプリケーションとフェイルオーバーが無効になります。クラスタの構成が維持されます。後で再び vCenter HA を有効にすることができます。

    vCenter HA クラスタの削除

    クラスタを削除します。レプリケーションとフェイルオーバー機能は提供されなくなります。アクティブ ノードはスタンドアロンの vCenter Server Appliance として動作を継続します。詳細については、vCenter HA の構成の削除を参照してください。

  4. OK をクリックします。