選択するデプロイ オプションとインベントリ階層に関係なく、構成を開始する前にネットワークをセットアップしておく必要があります。vCenter HA ネットワークの基本的な設定を行うには、各 ESXi ホストにポート グループを追加し、後でアクティブ ノードになる vCenter Server Appliance に仮想 NIC を追加します。

このタスクについて

構成が完了した後の vCenter HA クラスタには 2 つのネットワークが存在します。1 つ目の仮想 NIC 上の管理ネットワークと、2 つ目の仮想 NIC 上の vCenter HA ネットワークです。

管理ネットワーク

管理ネットワークは、クライアントの要求に対応します(パブリック IP)。管理ネットワーク IP アドレスは固定である必要があります。

vCenter HA ネットワーク

vCenter HA ネットワークはアクティブ、パッシブおよび監視ノードを接続し、アプライアンスの状態をレプリケートします。また、ハートビートも監視します。

  • アクティブ、パッシブおよび監視ノードの vCenter HA ネットワークの IP アドレスは固定である必要があります。

  • vCenter HA ネットワークは、管理ネットワークとは異なるサブネットに配置する必要があります。3 台のノードの配置先は、同じサブネットでも異なるサブネットでもかまいません。

  • アクティブ、パッシブおよび監視ノード間でのネットワークの遅延は、10 ミリ秒未満にする必要があります。

  • クラスタ ネットワークのデフォルト ゲートウェイのエントリを追加しないでください。

前提条件

  • 後でアクティブ ノードになる vCenter Server Applianceがデプロイされていること。

  • その vCenter Server Appliance とそれが実行されている ESXi ホストにアクセスして変更するための権限があること。

  • ネットワークのセットアップ時には管理ネットワークの固定 IP アドレスが必要となります。管理ネットワークおよびクラスタ ネットワークのアドレスは、IPv4 または IPv6 である必要があります。両者を混在させることはできません。

手順

  1. 管理 vCenter Server にログインし、アクティブ ノードが実行されている ESXi ホストを見つけます。
  2. ESXi ホストにポート グループを追加します。

    既存の仮想スイッチ上のポート グループを使用できるほか、ネットワークの分離度を高めるために新しい仮想スイッチを作成することもできます。Eth0 上の管理ネットワークとは異なるサブネットに配置してください。

  3. 推奨される 3 台の ESXi ホストがご利用の環境に存在する場合、このポート グループを各ホストに追加します。

次のタスク

次に行う手順は、選択した構成の種類によって異なります。

  • 基本構成を選択した場合、ウィザードによって各クローンに vCenter HA 仮想 NIC が作成され、vCenter HA ネットワークが設定されます。構成が完了すると、その vCenter HA ネットワークをレプリケーションとハートビート トラフィックに利用できるようになります。

  • 詳細構成を選択した場合は、次の手順を実行します。

    • まず 2 番目の NIC をアクティブ ノードに作成し、構成する必要があります。vCenter Server Appliance への 2 番目の NIC の作成と構成を参照してください。

    • この構成を実行するときに、パッシブ ノードと監視ノードの IP アドレスを入力するようウィザードから求められます。

    • ウィザードの指示に従ってアクティブ ノードのクローンを作成します。クローン作成プロセスの過程で、追加のネットワーク構成を実行します。

    詳細オプションを使用した vCenter HA の構成を参照してください。