ホストを vSphere HA クラスタに追加すると、そのホストにエージェントがアップロードされ、クラスタ内の他のエージェントと通信するように構成されます。クラスタ内の各ホストは、マスター ホストまたは下位のホストとして機能します。

クラスタ用に vSphere HA が有効にされると、アクティブなすべてのホスト(スタンバイでないか、メンテナンス モードでないか、切断されていないホスト)がクラスタのマスタ候補になります。マウントしているデータストア数が最大のホストがマスタ候補として有利です。一般にクラスタごとにマスター ホストは 1 台だけで、残りはすべて下位のホストになります。マスター ホストに障害が発生したり、シャットダウンしたり、スタンバイ モードになったり、クラスタから取り除かれたりした場合、選び直します。

クラスタのマスター ホストには、いくつかの役割があります。

  • 下位のホストの状態を監視する。下位のホストに障害が発生した場合や接続できなくなった場合、マスター ホストはどの仮想マシンを再起動する必要があるかを確認します。

  • 保護対象の仮想マシンの電源状態を監視する。ある仮想マシンに障害が発生した場合、ホストはその仮想マシンを確実に再起動させます。ローカルの配置エンジンを使用して、どのホストで再起動するかもマスター ホストが決定します。

  • クラスタ ホストと保護対象の仮想マシンのリストの管理。

  • vCenter Server の管理インターフェイスとして機能し、クラスタの健全性状態をレポートします。

下位のホストは、主として仮想マシンをローカルに実行し、ランタイム状態を監視し、状態の更新をマスター ホストにレポートすることでクラスタに貢献します。マスター ホストも仮想マシンを実行し、監視できます。下位のホストとマスター ホストの両方とも、仮想マシンとアプリケーションの監視機能を実装しています。

マスター ホストにより実行される機能の 1 つは、保護された仮想マシンの組織的な再起動です。ユーザー アクションに対応して vCenter Server によって仮想マシンのパワー状態がパワーオフからパワーオンに変わったことが確認されると、仮想マシンはマスター ホストによって保護されます。マスター ホストはクラスタのデータストアに保護された仮想マシンのリストを保持します。新しく選択されたマスター ホストは、この情報を使用してどの仮想マシンを保護するか決定します。

注:

ホストをクラスタから切断する場合、そのホストに登録されている仮想マシンは、vSphere HA の保護対象ではなくなります。