Simple Network Management Protocol (SNMP) トラップを設定すると、ご利用の vCenter HA クラスタについての SNMP 通知を受信することができます。

このタスクについて

トラップのデフォルトは SNMP バージョン 1 です。

アクティブ ノードとパッシブ ノードに対して SNMP トラップを設定します。関連付けられているトラップの送信先をエージェントに指示するには、snmpd 構成にターゲット エントリを追加します。

手順

  1. 仮想マシン コンソールまたは SSH を使用してアクティブ ノードにログインします。
  2. vicfg-snmp コマンドを実行します。以下にその例を示します。
    vicfg-snmp -t 10.160.1.1@1166/public

    この例の 10.160.1.1 はクライアントがリッスンしているアドレスを、1166 はクライアントがリッスンしているポートを表します。public はコミュニティ文字列です。

  3. 次のコマンドを実行して SNMP エージェント (snmpd) を有効にします。
    vicfg-snmp -e

次のタスク

次のコマンドも便利です。

  • コマンドに関する詳しいヘルプを表示するには、vicfg-snmp -h を実行します。

  • SNMP エージェントを無効にするには、vicfg-snmp -D を実行します。

  • SNMP エージェントの構成を表示するには、vicfg-snmp -s を実行します。

  • デフォルトの構成にリセットするには、vicfg-snmp -r を実行します。