vSphere HA クラスタで発生するホスト障害への具体的な対応を設定できます。

このタスクについて

このページは、vSphere HA を有効にしている場合にのみ編集可能です。

手順

  1. vSphere Web Client で、vSphere HA クラスタに移動して参照します。
  2. 設定 タブをクリックします。
  3. vSphere の可用性 を選択し、編集 をクリックします。
  4. 障害および対応 をクリックし、ホストの障害応答 を展開します。
  5. 次の構成オプションから選択します。

    オプション

    説明

    障害応答

    無効 を選択すると、この設定によってホストの監視がオフになり、ホスト障害の発生時に仮想マシンは再起動しません。仮想マシンの再起動 を選択すると、ホストの障害時に再起動の優先順位に従って、仮想マシンがフェイルオーバーされます。

    仮想マシン再起動のデフォルトの優先順位

    再起動の優先順位は、ホストの障害時に仮想マシンを再起動する順序を決定します。優先順位の高い仮想マシンが先に起動されます。複数のホストで障害が発生した場合、優先順位が 1 番目のホストのすべての仮想マシンを先に移行したあとで、優先順位に従って順次移行を行います。

    仮想マシンの依存関係による再起動の条件

    vSphere HA が優先順位に従って仮想マシンの再起動を行うようにするには、特定の条件と、その条件に一致したあとの遅延を選択する必要があります。

  6. OK をクリックします。

タスクの結果

ホスト障害応答の設定が有効になります。