vSphere HA は、クラスタとして構成されている複数の ESXi ホストを活用して、仮想マシンで実行中のアプリケーションに、システム停止からの迅速なリカバリと、費用対効果に優れた高可用性を提供します。

vSphere HA は、次の方法でアプリケーションの可用性が向上します。

  • サーバ障害に対しては、仮想マシンをクラスタ内のほかのホストで再起動することで向上します。

  • ゲストOS障害によるアプリケーション障害に対しては、仮想マシンを継続的に監視し、障害が検出された際に仮想マシンをリセットすることで向上します。

  • まだデータストアにアクセスできる他のホストで、影響を受けている仮想マシンを再起動して、データストアのアクセシビリティ障害から保護します。

  • 管理ネットワークまたは vSAN ネットワークでホストが隔離されると、再起動することによって仮想マシンをネットワーク隔離から保護します。この保護は、ネットワークがパーティション分割されている場合でも行われます。

ほかのクラスタリング ソリューションとは異なり、vSphere HA はインフラストラクチャを提供して、全ワークロードをそれにより保護できるようにします。

  • アプリケーションまたは仮想マシンに特別なソフトウェアをインストールする必要はありません。vSphere HA が全ワークロードを保護するからです。vSphere HA を構成したあとは、新しい仮想マシンを保護するための操作は不要です。自動的に保護されます。

  • vSphere HA を vSphere DRS (Distributed Resource Scheduler) と組み合わせると、障害に対する保護と、クラスタ内の複数のホストにわたるロード バランシング機能を提供できます。

vSphere HA には、従来のフェイルオーバー ソリューションと比べていくつかのメリットがあります。

最小限のセットアップ

vSphere HA クラスタのセットアップ後、追加の構成を行わずにクラスタ内のすべての仮想マシンがフェイルオーバーのサポートを受けます。

ハードウェアのコストとセットアップの削減

仮想マシンは、移動可能なアプリケーション用コンテナとして機能し、ホスト間で移動できます。システム管理者は、複数のマシン上の重複する構成を回避できます。vSphere HA を使用する場合は、vSphere HA で保護したい数のホストをフェイルオーバーするのに十分なリソースがなければなりません。ただし、VMware vCenter Server® システムは自動的にリソースを管理し、クラスタを構成します。

アプリケーションの可用性の向上

仮想マシン内で実行されるどのアプリケーションも、可用性が向上します。仮想マシンはハードウェア障害から復旧できるため、アプリケーション自体がクラスタリングされたアプリケーションでなくても、コンピューティング要件を加えることなく、ブート時に起動するすべてのアプリケーションの可用性が向上します。VMware Tools のハートビートを監視して応答し、応答しない仮想マシンを再起動することで、ゲスト OS のクラッシュから保護できます。

DRS と vMotion の統合

ホストに障害が起き、仮想マシンがほかのホスト上で再起動された場合、DRS は、バランスのとれたリソース割り当てを行うために、移行の推奨を提供するか、仮想マシンを移行できます。移行元ホストと移行先ホストのいずれか一方または両方に障害が起きた場合、vSphere HA が障害からの復旧に役立ちます。