クラスタの管理通信やレプリケーション トラフィックの暗号化には、各ノード上のマシン SSL 証明書が使用されます。カスタム証明書を使用するには、vCenter HA の構成を削除し、パッシブ ノードと監視ノードを削除して、カスタム証明書でアクティブ ノードをプロビジョニングしてから、クラスタを再構成する必要があります。

このタスクについて

可能であれば、アクティブ ノードになる vCenter Server Appliance の証明書を置き換えてから、ノードのクローンを作成してください。

手順

  1. クラスタの構成を編集し、削除 を選択します。
  2. パッシブ ノードおよび監視ノードを削除します。
  3. アクティブ ノード(この時点ではスタンドアロンの vCenter Server Appliance なっています)上のマシン SSL 証明書をカスタム証明書に置き換えます。

    Platform Services Controller の管理』ドキュメントを参照してください。

  4. クラスタを再構成します。