データストアで PDL または APD の障害が発生したときに仮想マシン コンポーネント保護 (VMCP) が作成する応答を設定します。

このタスクについて

このページは、vSphere HA を有効にしている場合にのみ編集可能です。

手順

  1. vSphere Web Client で、vSphere HA クラスタに移動して参照します。
  2. 設定 タブをクリックします。
  3. vSphere の可用性 を選択し、編集 をクリックします。
  4. 障害および対応 をクリックし、PDL (永続的なデバイスの損失) 状態のデータストア または APD 状態のデータストア を展開します。
  5. PDL (永続的なデバイスの損失) 状態のデータストア をクリックした場合は、このタイプの問題に対する VMCP 障害応答を 無効イベントの発行、または 仮想マシンをパワーオフして再起動 に設定できます。
  6. APD 状態のデータストア をクリックした場合は、このタイプの問題に対する VMCP 障害応答を 無効イベントの発行仮想マシンをパワーオフして再起動: 標準的な再起動ポリシー、または 仮想マシンをパワーオフして再起動: アグレッシブな再起動ポリシー に設定できます。また、応答復旧 も設定できます。これは、VMCP がアクションを実行するまで待機する時間(分)を指定します。
  7. OK をクリックします。

タスクの結果

VMCP 障害応答の設定が有効になります。