コンプライアンス障害が発生した場合は、修正機能を使用してホスト プロファイル設定をホストに適用します。この処理によって、すべてのホスト プロファイル管理対象パラメータは、ホストに添付されているプロファイルの値に変更されます。

前提条件

ホストにプロファイルが添付されていることを確認します。

手順

  1. ホストの修正に使用するプロファイルに移動します。
  2. ホスト プロファイルを右クリックして、修正 を選択します。
    注:

    特定のホスト プロファイル ポリシー設定では、修正後にホストを再起動する必要があります。その場合は、ホストをメンテナンス モードにするためのプロンプトが表示されます。修正前に、ホストをメンテナンス モードにするよう要求される場合もあります。完全に自動化された DRS クラスタ内のホストは、修正時にメンテナンス モードになります。ホストを修正するにはメンテナンス モードにする必要があります。DRS クラスタが完全に自動化されていない場合、修正前にメンテナンス モードに移行していないと、修正プロセスが停止します。

  3. ホスト プロファイルを使用して修正するホストを選択します。

    選択した各ホストにホスト プロファイルが適用されます。

  4. ホストのプロパティにカスタム値を指定するか、ホストのカスタム ファイルを選択してインポートします。
  5. (オプション) : ホストをカスタマイズして 次へ をクリックし、ホスト プロファイル ポリシーのユーザー入力パラメータを更新または変更します。

    vSphere Auto Deploy の詳細については、ホスト プロファイルと vSphere Auto Deploy を参照してください。

  6. 修正の事前チェック をクリックして、選択したホストの修正準備状況を確認します。

    このチェックを行うと、ホストで実行されるタスクのリストが生成されます。

  7. 修正プロセスの完了後にホストの再起動が必要な場合は、チェックボックスをオンにしてホストを再起動します。修正プロセス後にホストを手動で再起動する場合は、このチェックボックスをオンにしないでください。
  8. ホスト プロファイルの修正に必要なタスクを確認し、終了 をクリックします。

タスクの結果

コンプライアンス ステータスが更新されます。