ホスト プロファイルのタスクを実行するために専用のリファレンス ホストを使用する必要はありません。

ホスト プロファイルを作成する場合は、指定した ESXi リファレンス ホストから構成情報を抽出します。vSphere の以前のリリースでは、編集、インポート、エクスポートなど、ホスト プロファイルの特定のタスクを実行する場合、参照ホストを使用する必要がありました。vSphere 6.0 では、これらのタスクを実行するために専用のリファレンス ホストを使用する必要はなくなりました。

リファレンス ホストが必要なホスト プロファイル タスクの場合は、ホスト プロファイルと互換性のある ESXi ホストが割り当てられ、リファレンス ホストの役割を果たします。

場合によっては、これらのタスクの実行中にホスト プロファイルの検証を行う、互換性のあるホストが利用できないことがあります。検証が不要なホスト プロファイルにわずかな変更を加えた場合は、検証をスキップすることができます。ホスト検証をスキップするよう選択した場合は、有効なリファレンス ホストがプロファイルに関連付けられていないことを示す警告が表示されます。その後、処理を進めて、タスクを完了できます。

この機能が導入されたことで、ユーザーは vSphere Web Client からリファレンス ホストを編集または変更できなくなりました。リファレンス ホストの選択は実行時に行われ、進行中のタスクに関する通知は vCenter Server に表示されません。