VMware Host Client で、標準仮想スイッチを追加して、管理対象のホストおよびそのホスト上の仮想マシンにネットワーク接続を提供し、VMkernel トラフィックを処理することができます。作成する接続のタイプに応じて、VMkernel アダプタを備えた vSphere の標準スイッチの作成、既存の物理ネットワーク アダプタと新しいスイッチとの接続、または仮想マシン ポート グループを持つスイッチの作成ができます。

手順

  1. VMware Host Client インベントリで ネットワーク を右クリックし、ポップアップ メニューの 標準 vSwitch の追加 をクリックします。
  2. (オプション) : アップリンクの追加 をクリックして、新しい物理アップリンクを仮想スイッチに追加します。
  3. 仮想スイッチの名前を入力し、仮想スイッチの作成 をクリックします。
  4. 仮想スイッチのアップリンクを選択します。
  5. リンクの検出 を展開して、仮想スイッチ モードのオプションを選択します。

    操作

    説明

    待機

    ESXi は、関連付けられた物理スイッチ ポートに関する情報を検出して表示しますが、スイッチ管理者は、vSphere の標準スイッチに関する情報を使用できません。

    アドバタイズ

    ESXi は vSphere の標準スイッチに関する情報をスイッチ管理者に提供しますが、物理スイッチに関する情報は検出および表示しません。

    両方

    ESXi は、関連付けられた物理スイッチに関する情報を検出して表示し、スイッチ管理者は、vSphere の標準スイッチに関する情報を使用できます。

    なし

    ESXi は、関連付けられた物理スイッチ ポートに関する情報を検出して表示しません。また、スイッチの管理者には、vSphere の標準スイッチに関する情報は提供されません。

  6. [プロトコル] セクションで、ドロップダウン メニューから Cisco Discovery Protocol を選択します。
  7. セキュリティ を展開して、無差別モード、MAC アドレスの変更、標準スイッチに接続された仮想マシンの偽造転送について承諾または拒否します。

    オプション

    説明

    無差別モード

    • 拒否。VM ネットワーク アダプタは、仮想マシン宛のフレームのみを受信します。

    • 承諾。仮想スイッチは、VM ネットワーク アダプタが接続されているポートのアクティブな VLAN ポリシーに従ってすべてのフレームを仮想マシンに転送します。

    注:

    無差別モードは、安全な操作ではありません。ファイアウォール、ポート スキャナ、侵入検知システムは、無差別モードで動作する必要があります。

    MAC アドレス変更

    • 拒否。ゲスト OS が仮想マシンの有効な MAC アドレスを VM ネットワーク アダプタの MAC アドレス(.vmx 構成ファイル内で設定)とは異なる値に変更すると、スイッチはアダプタへのすべての受信フレームをドロップします。

      ゲスト OS が仮想マシンの有効な MAC アドレスを VM ネットワーク アダプタの MAC アドレスに戻すと、仮想マシンは再びフレームを受信します。

    • 承諾。ゲスト OS が仮想マシンの有効な MAC アドレスを VM ネットワーク アダプタの MAC アドレスとは異なる値に変更すると、スイッチは新しいアドレスへのフレームの通過を許可します。

    偽装転送

    • 拒否。スイッチは、仮想マシン アダプタからの送信フレームのうち、.vmx 構成ファイル内の送信元 MAC アドレスと異なるアドレスを持つフレームをすべてドロップします。

    • 承諾。スイッチはフィルタリングを実行せず、すべての送信フレームを許可します。

  8. 追加 をクリックします。