ESXi ホストのスキャンする LUN ID の範囲は、0 から 16,383 までです。ESXi は、16,383 より大きい LUN ID は無視します。設定可能な Disk.MaxLUN パラメータを使用して、スキャンされる LUN ID の範囲を管理します。パラメータのデフォルト値は 1024 です。

このタスクについて

また、Disk.MaxLUN パラメータは、SCSI ターゲットが REPORT_LUNS を使用した直接検出をサポートしていない場合に、SCSI スキャン コードが個々の INQUIRY コマンドを使用して検出を試みる LUN の数を指定します。

Disk.MaxLUN パラメータは、必要に応じて変更できます。たとえば使用している環境に、LUN ID が 1 から 100 の少数のストレージ デバイスがある場合は、値を 101 に設定します。その結果、REPORT_LUNS をサポートしていないターゲット上でデバイス検出スピードを上げることができます。この値を小さくすると、再スキャンの時間と起動時間を短縮できます。ただし、ストレージ デバイスを再スキャンする時間は、ストレージ システムのタイプや、ストレージ システムの負荷など、いくつかの要因によって異なる場合があります。

また、1023 より大きな LUN ID を環境内で使用しているときは、このパラメータの値を増やさなければならない場合があります。

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で 管理 をクリックし、詳細設定 をクリックします。
  2. Disk.MaxLUN までスクロール ダウンします。
  3. Disk.MaxLUN を右クリックし、編集オプション をクリックします。
  4. 新しい値を入力し、保存 をクリックします。

    SCSI スキャン コードは、入力した値より小さい ID の LUN をスキャンします。

    たとえば、0 ~ 100 の LUN ID を検出するには、Disk.MaxLUN を 101 に設定してください。