VMkernel ネットワーク アダプタでサポートされているトラフィック タイプや、IPv4 または IPv6 アドレスの取得方法の変更が必要になる場合があります。

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で ネットワーク をクリックし、VMkernel NIC をクリックします。
  2. ターゲットの標準スイッチ上にある VMkernel アダプタを選択し、アクション をクリックし、ドロップダウン メニューから 設定の編集 を選択します。
  3. (オプション) : VLAN ID を編集します。

    VLAN ID は、VMkernel アダプタのネットワーク トラフィックが使用する VLAN を特定します。

  4. (オプション) : IP バージョンを編集するには、IPv4、IPv6、またはその両方をドロップダウン リストから選択します。
    注:

    IPv6 オプションは IPv6 が有効になっていないホスト上には表示されません。

  5. (オプション) : IPv4 設定セクションを展開し、IP アドレスを取得する方法を選択します。

    オプション

    説明

    DHCP を使用して IP 設定を取得します

    IP 設定は自動的に取得されます。ネットワークには、DHCP サーバが存在する必要があります。

    固定 IP 設定を使用

    VMkernel アダプタの IPv4 アドレスおよびサブネット マスクを入力します。

    IPv4 での VMkernel デフォルト ゲートウェイおよび DNS サーバのアドレスは、選択した TCP/IP スタックから取得されます。

  6. (オプション) : IPv6 設定セクションを展開し、IPv6 アドレスを取得する方法を選択します。

    オプション

    説明

    DHCPv6

    DHCP を使用して IPv6 アドレスを取得します。ネットワークには、DHCPv6 サーバが存在する必要があります。

    自動構成

    ルータの通知を使用して IPv6 アドレスを取得します。

    固定 IPv6 アドレス

    1. アドレスの追加 をクリックして新しい IPv6 アドレスを追加します。

    2. IPv6 アドレスとサブネット プリフィックスの長さを入力します。

  7. (オプション) : ホストのデフォルト TCP/IP スタックの vMotion を有効または無効にします。

    vMotion では、vMotion トラフィックを送信するネットワーク接続として、VMkernel アダプタが自身を別のホストにアドバタイズできます。デフォルト TCP/IP スタックの VMkernel アダプタ対して vMotion サービスが有効化されていない場合、または vMotion TCP/IP スタックを使用しているアダプタがない場合には、選択したホストへの vMotion による移行は実行できません。

  8. 設定の変更内容を確認し、保存 をクリックして変更を適用します。