高パフォーマンスの VMware 準仮想化 SCSI ストレージ コントローラを追加することにより、スループットを向上させ、CPU 使用率を軽減できます。

このタスクについて

VMware 準仮想化 SCSI コントローラは、大量の I/O が発生するアプリケーションを実行する環境(特に SAN 環境)に最適です。

前提条件

  • 仮想マシンに、VMware Tools がインストールされたゲスト OS があることを確認します。

  • 仮想マシンにハードウェア バージョン 7 以降が搭載されていることを確認します。

  • VMware 準仮想化 SCSI の制限事項について確認します。『vSphere の仮想マシン管理』を参照してください。

  • VMware 準仮想化 SCSI コントローラに接続された起動ディスク デバイスにアクセスする場合は、仮想マシンに Windows 2003 または Windows 2008 ゲスト OS が実行されていることを確認してください。

  • 一部のオペレーティング システムでは、コントローラ タイプを変更する前に、LSI Logic コントローラを使用して仮想マシンを作成し、VMware Tools をインストールする必要があります。

仮想マシンをパワーオフします。

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で 仮想マシン をクリックします。
  2. リスト内の仮想マシンを右クリックし、ポップアップ メニューから 設定の編集 を選択します。
  3. 仮想ハードウェア タブで、その他のデバイスの追加 をクリックし、ドロップダウン メニューから SCSI コントローラ を選択します。

    新しい SCSI コントローラがハードウェア リストに表示されます。

  4. 新規 SCSI コントローラ をクリックし、ドロップダウン メニューから VMware 準仮想化 を選択します。
  5. 保存 をクリックします。