管理エージェントは VMware コンポーネントと同期し、vSphere Web Client および vCenter Server を使用して ESXi ホストにアクセスできるようになります。管理エージェントは vSphere ソフトウェアとともにインストールされます。リモート アクセスが中断された場合、管理エージェントを再起動する必要がある場合があります。

このタスクについて

管理エージェントを再起動すると、ESXi ホストの /etc/init.d にインストールされ実行されているすべての管理エージェントおよびサービスが再起動します。通常、このエージェントには、hostd、ntpd、sfcbd、slpd、wsman、vobd などが含まれています。ソフトウェアは、フォールト ドメイン マネージャ (FDM) も再起動します(インストールされている場合)。

管理エージェントを再起動すると、ユーザーは vSphere Web Client および vCenter Server を使用してこのホストにアクセスできなくなります。

手順

  1. ダイレクト コンソールから、トラブルシューティング オプション を選択して Enter を押します。
  2. 管理エージェントの再起動 を選択して Enter を押します。
  3. F11 を押して再起動します。

タスクの結果

ESXi ホストが、管理エージェントおよびサービスを再起動します。