OVA デプロイが完了すると、デプロイ プロセスのステージ 2 にリダイレクトされます。ここでは、新しくデプロイされた、外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance サービスを設定して開始します。

手順

  1. デプロイ プロセスのステージ 2 の概要を確認し、次へ をクリックします。
  2. アプライアンスの時刻設定を行い、オプションでアプライアンスへのリモート SSH アクセスを有効にし、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    時刻を ESXi ホストと同期します

    定期的な時刻同期を有効にすると、VMware Tools はゲスト OS の時刻を ESXi ホストの時刻と同じになるように設定します。

    時刻を NTP サーバと同期します

    ネットワーク タイム プロトコル (NTP) サーバを使用して、時刻を同期します。このオプションを選択する場合は、NTP サーバの名前または IP アドレスをコンマで区切って入力する必要があります。

  3. vCenter Server Appliance の登録に使用する Platform Services Controller インスタンスの FQDN または IP アドレスを指定し、vCenter Single Sign-On HTTPS ポート、ドメイン名、および管理者パスワードを入力して、次へ をクリックします。

    Platform Services Controller インスタンスが Windows インストールの場合は、Platform Services Controller が実行されているホスト マシンのシステム名を入力します。

  4. [設定の確認] ページで、vCenter Server Appliance の設定を確認して 終了 > OK の順にクリックしてデプロイ プロセスのステージ 2 を完了し、アプライアンスを設定します。
  5. (オプション) : 最初の設定が終了したら、https://vcenter_server_appliance_fqdn/vsphere-client をクリックして vSphere Web Client に進み、vCenter Server AppliancevCenter Server インスタンスにログインして、https://vcenter_server_appliance_fqdn:443 をクリックして vCenter Server Appliance の [はじめに] のページに移動します。
  6. 閉じる をクリックして、ウィザードを終了します。

    vCenter Server Appliance の [はじめに] のページにリダイレクトされます。

タスクの結果

新しくデプロイされた vCenter Server Appliance が、アプライアンスを登録した Platform Services Controller インスタンスの vCenter Single Sign-On ドメインとサイトに参加します。

次のタスク

vCenter Server Appliance の高可用性を構成することができます。vCenter Server Appliance の高可用性の提供方法については、『vSphere の可用性』を参照してください。