デプロイ コマンドの実行パラメータを設定するには、コマンドに引数を使用します。

CLI デプロイ コマンドに、複数の引数をスペース区切りで追加できます。

vcsa-deploy install path_to_the_json_file list_of_arguments

引数

説明

--accept-eula

エンドユーザー使用許諾契約書に同意します。

デプロイ コマンドを実行するには、この引数が必要です。

--acknowledge-ceip

VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) へ参加を承諾します。

ceip.enabled パラメータが JSON デプロイ テンプレートで true に設定されている場合に必要となります。

-v, --verbose

コンソール出力にデバッグ情報を追加します。

-t, --terse

コンソール出力を非表示にします。 警告およびエラー メッセージのみ表示します。

--log-dir LOG_DIR

ログおよびその他の出力ファイルの保存場所を設定します。

--skip-ovftool-verification

JSON ファイルの構成パラメータの基本的な検証を実行し、アプライアンスをデプロイします。OVF ツール のパラメータ検証は実行しません。

--no-esx-ssl-verify

ESXi 接続の SSL 検証はスキップします。

重要:

このオプションは使用しないでください。ターゲット ESXi ホストの ID が検証されないため、デプロイ中またはデプロイ後に問題が発生する可能性があります。

--deployment-target-ssl-thumbprint TARGET_THUMBPRINT

アプライアンスをデプロイするターゲットの ESXi ホストまたは vCenter Server インスタンスを検証するために OVF ツールに渡すサムプリント。

--pause-on-warnings

一時停止して、警告に対する承諾を待ちます。

--verify-only

JSON ファイルの構成パラメータの基本的な検証と OVF Tool パラメータの検証を実行します。アプライアンスはデプロイされません。

--sso-ssl-thumbprint SSL-SHA1-THUMBPRINT

指定された SHA1 サムプリントに対してサーバ証明書を検証します。

-h, --help

vcsa-deploy install コマンドのヘルプ メッセージを表示します。

--template-help

JSON デプロイ ファイルの構成パラメータの仕様に関するヘルプ メッセージを表示します。

実行が完了したら、コマンドの終了コードを取得することができます。

終了コード

説明

0

コマンドの実行は正常に完了

1

ランタイム エラー

2

検証エラー

3

テンプレート エラー