ESXi ホストとほかの外部管理ソフトウェア間のトラフィックは、ホストのイーサネット ネットワーク アダプタを通して送受信されます。ダイレクト コンソールを使用して、管理ネットワークで使用されるネットワーク アダプタを選択します。

このタスクについて

外部管理ソフトウェアの例には、vCenter Server および SNMP クライアントが含まれます。ホストのネットワーク アダプタは vmnicN と名前が付けられます。この N は、ネットワーク アダプタを識別する一意の番号です (vmnic0、vmnic1 など)。

自動構成段階中に、ESXi ホストは管理トラフィック用に vmnic0 を選択します。ホストの管理トラフィックを送受信するネットワーク アダプタを手動で選択して、デフォルトの選択をオーバーライドできます。管理トラフィック用にギガビット イーサネット ネットワーク アダプタを使用することもできます。可用性の確保に役立つ別の方法として、複数のネットワーク アダプタを選択できます。複数のネットワーク アダプタを使用すると、ロード バランシング機能とフェイルオーバー機能が有効になります。

手順

  1. ダイレクト コンソールから、管理ネットワークの構成 を選択して Enter を押します。
  2. ネットワーク アダプタ を選択して Enter を押します。
  3. ネットワーク アダプタを選択して Enter を押します。

タスクの結果

ネットワークが機能し始めたら、vSphere Web Client を使用して vCenter Server を介して ESXi ホストに接続できます。