インストールされた ESXi には、60 日間の評価期間があり、その期間中に、vSphere Enterprise Plus ライセンスで提供されるすべての vSphere 機能を評価検討できます。評価期間が終了する前に、適切なライセンスをホストに割り当てる必要があります。

ESXi ホストは、CPU 単位のキャパシティを持つ vSphere ライランスでライセンス付与されます。ホストに適切にライセンス供与するには、ホスト内のすべての CPU に対応できる十分な CPU キャパシティを持つ vSphere ライセンスをホストに割り当てる必要があります。ライセンスは、ホストで使用するすべての機能をサポートする必要があります。たとえば、ホストが vSphere Distributed Switch に接続されている場合は、vSphere Distributed Switch 機能を備えたライセンスを割り当てる必要があります。

次のいずれかの方法を使用して、ESXi ホストにライセンスを供与できます。

  • vSphere Web Client のライセンス管理機能を使用して、複数のホストに一度にライセンスを供与します。ホストは vCenter Server システムに接続されている必要があります。詳細については、vCenter Server およびホストの管理 を参照してください。

  • PowerCLI コマンドを使用して、バルク ライセンス供与を設定します。バルク ライセンス供与はすべての ESXi ホストで行えますが、Auto Deploy を使用してプロビジョニングされるホストで特に有用です。バルク ライセンス供与の設定を参照してください。

  • 個々の ESXi ホストにライセンスを供与するには、VMware Host Client との直接接続を使用します。ESXi ホストにライセンス キーを割り当てる方法については、vSphere 単一ホスト管理を参照してください。