ESXi の設定にリモート管理ソフトウェアを使用している場合、仮想メディアの起動設定をする必要がある場合があります。

このタスクについて

仮想メディアは、ネットワーク上のあらゆる場所にある可能性のあるターゲット サーバに、リモートのストレージ メディア (CD-ROM、USB 大容量記憶装置、ISO イメージ、およびフロッピー ディスクなど) を接続する方法です。ターゲット サーバはリモート メディアに接続し、サーバの USB ポートに物理的に接続されているかのように、読み取りや書き込みを行うことができます。

前提条件

ESXi Installable および ESXi Embedded は、同じホスト上に共存できません。

手順

  1. メディアを仮想デバイスに接続します。

    たとえば Dell サーバを使用している場合、DRAC (Dell Remote Access Controller) または類似のリモート管理インターフェイスにログインして、物理フロッピーまたは CD-ROM ドライブを選択するか、フロッピー イメージまたは CD-ROM イメージへのパスを指定します。

  2. サーバを再起動します。
  3. サーバの起動中に、デバイス選択メニューに入ります。

    サーバのハードウェアに応じて、このキーはファンクション キーまたは Delete になる場合があります。

  4. 表示される指示に従って仮想デバイスを選択します。

タスクの結果

サーバは構成されたデバイスで一度起動し、次の起動時にはデフォルトの起動順序に戻ります。