vSphere Auto Deploy のルール セットにルールを追加したり、1 つ以上のルールに変更を加える場合、ホストは自動的にアップデートされません。ユーザーがルールのコンプライアンスのテストと修復を行った場合にのみ、vSphere Auto Deploy は新しいルールを適用します。

前提条件

  • vSphere Auto Deploy 用にシステムを準備します。詳細については、『vSphere のインストールとセットアップ』を参照してください。

  • インフラストラクチャに vSphere Auto Deploy を使用してプロビジョニングされた ESXi ホストが 1 つ以上含まれており、PowerCLI をインストールしたホストがそれらの ESXi ホストにアクセスできることを確認します。

手順

  1. PowerCLI セッションで Connect-VIServer コマンドレットを実行し、vSphere Auto Deploy が登録される vCenter Server システムに接続します。
    Connect-VIServer ipv4_or_ipv6_address

    この コマンドレットはサーバ証明書の警告を返す場合があります。本番環境では、サーバ証明書の警告が表示されないことを確認します。開発環境では、この警告は無視できます。

  2. PowerCLI を使用して、現在使用可能な vSphere Auto Deploy ルールを確認します。
    Get-DeployRule

    システムは、該当するルールと、それに関連する項目およびパターンを返します。

  3. 使用可能なルールの 1 つに変更を加えます。

    たとえば、イメージ プロファイルおよびルールの名前を変更することができます。

    Copy-DeployRule -DeployRule testrule -ReplaceItem MyNewProfile 
    			 

    すでにアクティブなルール セットに追加されているルールは編集できません。代わりに、ルールをコピーして、変更する項目またはパターンを置き換えることはできます。

  4. ルール セットのコンプライアンスをテストするホストにアクセスできることを確認します。
    Get-VMHost -Name MyEsxi42
  5. そのホストのルール セットのコンプライアンスをテストし、後で使用するために、戻り値を変数にバインドするコマンドレットを実行します。
    $tr = Test-DeployRuleSetCompliance MyEsxi42
  6. ルール セットの内容と、ホストの構成の間の差異を確認します。
    $tr.itemlist

    システムは、新しいルール セットのコンプライアンスをテストするホストがアクティブなルール セットを遵守している場合、現在の項目と想定される項目のテーブルを返します。

    CurrentItem                             ExpectedItem
    -----------                             ------------   
    My Profile 25                           MyNewProfile
    
  7. ホストの次の起動時に、変更されたルール セットを使用するように、ホストを修復します。
    Repair-DeployRuleSetCompliance $tr

次のタスク

変更したルールでインベントリの場所が指定されている場合、コンプライアンスの修復時に変更内容が即座に反映されます。それ以外のすべての変更内容は、ホストを再起動することで、vSphere Auto Deploy によって新しいルールが適用され、ルール セットとホスト間のコンプライアンスが達成されます。