vSphere Auto Deploy を使用してホストが対応するルールを変更し、そのルールをアクティベートすることで、vSphere Web Client で新しいイメージ プロファイルを使用するホストを再プロビジョニングすることができます。

前提条件

  • ホストの再プロビジョニングに使用するイメージ プロファイルが使用できることを確認します。イメージ プロファイルの作成を参照してください。

  • 最初の起動操作中に実行した設定が適切であることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ページで、Auto Deploy をクリックします。

    デフォルトでは、管理者ロールのみが vSphere Auto Deploy サービスを利用する権限を持っています。

  2. デプロイのルール タブで、インベントリ内のルールのリストから、編集するルールを選択し、編集 をクリックします。

    デプロイのルールを編集するダイアログ ボックスが表示されます。

  3. イメージ プロファイルの選択 ページを選択し、イメージ プロファイルをルール条件に一致するホストに割り当てます。

    オプション

    アクション

    イメージ プロファイルを変更しない場合

    同じイメージ プロファイル オプションを選択します。

    選択したホストにイメージ プロファイルを割り当てない場合

    イメージ プロファイルなし オプションを選択します。

    選択したホストに新しいイメージ プロファイルを割り当てる場合

    1. イメージ プロファイルを参照 オプションを選択します。

    2. ドロップダウン メニューからソフトウェア デポを選択します。

    3. リストからイメージ プロファイルを選択します。

    4. (オプション)イメージ プロファイルの許容レベル検証をしない場合は、イメージ プロファイルの署名チェックをスキップ チェック ボックスを選択します。

  4. ルールのアクティベーション/アクティベーションの解除 をクリックします。
  5. 有効にするルールを無効なルールのリストから選択し、有効化 ボタンをクリックします。
  6. (オプション) : 有効なルール リストのルールの順番を変更するには、移動するルールを選択して、有効なルール リストの上部にある 上へ移動 または 下へ移動 アイコンをクリックします。

    ルールは優先度の高い順にリストされます。たとえば、2 つ以上のルールが同じホストに適用され、それぞれのルールでホストをプロビジョニングに使用するイメージ プロファイル、ホスト プロファイル、および配置場所が異なる場合、リストの上位にあるルールが適用されます。

  7. (オプション) : ルールを有効にする前に無効なルールをテストする場合は、有効化の前にルールをテスト チェック ボックスを選択し、次へ をクリックします。
    1. ウィザードのテスト ターゲットを選択するページで、フィルタ タブから無効なルールをテストするホストを選択し、次へ をクリックします。

      選択済み タブには選択されたホストのみが表示されます。

    2. ウィザードのテスト結果をプレビューするページでリストからホストを選択し、ホストの現在の状態や、ルールを有効にした後に予測される変更点を表示します。

      ホストがルールに準拠している場合は、ルールを有効にした後にホストを修正する必要はありません。

    3. (オプション) : ルールを有効にした後に選択したホストを修正する場合は、リストされたホスト関連付けをルールのアクティベーション後に修正 チェック ボックスを選択します。
  8. 次へをクリックします。
  9. 有効なルールのリストを確認し、終了 をクリックします。
  10. 新しいイメージ プロファイルを使用して再プロビジョニングするホストを再起動します。