本番状況では多くの場合、高可用性 vSphere Auto Deploy インフラストラクチャでデータの損失を防ぐ必要があります。また、このようなインフラストラクチャは、ステートレス キャッシュで vSphere Auto Deploy を使用するうえでの必須事項となります。

このタスクについて

図 1. 高可用性 vSphere Auto Deploy インフラストラクチャ


Auto Deploy インフラストラクチャの高可用性は、vSphere HA および vSphere DRS で保護されている管理クラスタにより可能になります。


前提条件

管理クラスタでは、3 つのホストに ESXi をインストールします。vSphere Auto Deploy を使用して管理クラスタのホストをプロビジョニングしないでください。

高可用性 vSphere Auto Deploy インフラストラクチャの実装の詳細については、ビデオ「高可用性 vSphere Auto Deploy インフラストラクチャ」をご覧ください。

手順

  1. 管理クラスタで vSphere HA および vSphere DRS を有効にします。
  2. 管理クラスタで次の仮想マシンを設定します。

    インフラストラクチャ コンポーネント

    説明

    PXE ブート インフラストラクチャ

    TFTP サーバおよび DHCP サーバ。

    インフラストラクチャ仮想マシン

    Active Directory、DNS、vCenter Server

    vSphere Auto Deploy 環境

    PowerCLI、vSphere Auto Deploy サーバー、vCenter Server。本番システムの 1 台の仮想マシンまたは 3 台の別個の仮想マシンでこの環境を設定します。

    インフラストラクチャ仮想マシンの vCenter Server は、vSphere Auto Deploy 環境の vCenter Server とは異なります。

  3. vSphere Auto Deploy を設定して、必要に応じてほかのホストをプロビジョニングします。

    管理クラスタにあるコンポーネントは vSphere HA により保護されているため、高可用性がサポートされます。